ヘルシングあい便り

節目である二月は、お別れの月に2020.03.01

 先月は、2つの大きな別れがありました。その一つは、私が店を引き継いで以来、ずっとお取引していたお豆腐のみの治さんが、体力的なこと、設備の老朽化などもあって、廃業されました。先月の21日が最終日だったので、ひと声「お疲れ様でした」と言いたくて駆けつけました。
 43才の時にお豆腐屋を開業されたそうですから、今年で37年。83才まで現役で、しかも朝早くから冷たい水を扱う体に厳しいお豆腐作りをされたことに敬服の念に堪えません。安全、安心なお豆腐と、私の毎日のお酒のお供だったガンモやわらじ揚げなどを、こうして長年食べれたことは、とても幸せなことでした。これからは、少しのんびりしていただいて、動きたくなる頃、当店で豆腐作り教室や
がんも作り教室などをしていただきたいと、一人妄想を膨らませています。お体をご自愛の上、これからも健康でいていただきたいと願っています。

みの治2.jpg

 そして2つ目は、カフェを任せていたこと恵さんが、出産のため、産休に入ったことです。8年前の二十歳の頃に入社したのですが、その翌年からはカフェの責任者として、今までしっかりとその責務を果たしてくれました。彼女が結婚をすることになって、当店のキッチンスタジオを披露宴会場にしてくれたり、とてもいい想い出となりました。
 しばらくの間は、子育てで大変でしょうから、また、働ける環境が整ったときは復帰してもらいたいです。本人からも皆様にご挨拶させていただきます。

カフェスタッフのこと恵です。
 この度、妊娠、出産の為2月いっぱいで産休に入ることになりました。去年の夏に妊娠がわかりすぐにひどい悪阻が始まり、2ヶ月程ほとんどお休みを頂いていました。つらい2ヶ月でしたが職場に戻ると、その間頑張ってくださったスタッフの方や、温かいお言葉をかけてくださるお客様たち、そして久しぶりにカフェで料理を作れることがとても嬉しかったです。自分はやっぱり料理とカフェの仕事が好きだなぁと改めて実感しました。
 「とても美味しかった」「どうやって作るの?」とお客様に言われたり聞かれたりするのが私にとっていつも励みになっていました。お腹が大きくなってからも座りつつ仕事をさせていただきましたが、「体大丈夫?無理しないでね」とお声をかけてくださるのも嬉しかったです。
 しばらくお休みを頂きますが、またププキッチンに戻ってきてお料理を提供したいと思っていますので、その時はよろしくお願い致します。
 これからは母になるのでお腹の赤ちゃんと向き合って、無事にお産ができるように準備していこうと思っています。今までありがとうございました。

送別会2.jpg


コメント



画像の中に見える文字を入力してください。