ヘルシングあい便り

1

コロナウイルスに負けない免疫力をつけよう!2020.04.01

 昨年暮れに中国の武漢で発生した新型肺炎コロナウイルスは、みるみるうちに世界各国に飛び火し、今や外出制限措置や全土封鎖する国など、その火消しに苦慮する状況にまで深刻な事態となりました。未知のウイルス、しかも治療薬がないなどの心理的不安が、一層事態を深刻化させているように思われます。
 米国の科学者で2度のノーベル賞(化学賞・平和賞)を受賞したライナス・ポーリング博士が提唱者であるオーソモレキュラー医学会。ギリシャ語で「正しい」を意味する「オーソ(Ortho)」と、「分子」を意味する「モレキュラー(Molecular)」を組み合わせた単語が由来で、ビタミンやミネラル等の栄養素を正しく取り入れることで、病気の予防や治療を行う医療で、欧米を中心に発展した医学会が、今回のコロナウイルス感染の広がりを受けて、2月初旬に緊急速報として
「ビタミンCはコロナウイルスから体を守る」という内容の記事を発表しました。その内容の一部を以降に明記します。

「コロナウイルスの流行は、高用量のビタミンCによって劇的に流行を遅らせる、もしくは感染を止めることができます。過去数十年にわたり、ビタミンCの強力な抗ウイルス効果は、医療現場において活用されてきました。しかしながら、ビタミンCによるこのような抗ウイルス効果、特にコロナウイルスに対する効果的なアプローチは、メディアではあまり取り上げられることはありません。
 身体がウイルスに攻撃された際、体の抗酸化能力および免疫力を最大化しておくことが、症状の軽減や発症予防のために、とても大切です。人間の体内の環境が最も重要なのです。重篤な疾患を治療するよりも、予防に力を注ぐ方が容易であることは明確です。しかし、深刻性の高い病気に罹患した際には、深刻に治療しなければなりません。医療機関での診察をためらうべきではありません。行くか行かないかの選択肢はありません。もし症状がでてしまった際には、薬と同時にビタミンCを併用することができます。
「私は、ビタミンCによって完治もしくは大幅に症状が緩和されなかったインフルエンザをいまだかつて見たことがありません。」(Robert F. Cathcart, MD) 以上。

 幸い、冬から春にかけてはビタミンC豊富な旬の野菜や果物がたくさん摂れるシーズンです。キャベツや大根、小松菜ブロッコリー、果物ではみかんやいちご、レモン。そしてそのレモン約8倍、緑茶の約10倍のビタミンCを有するのが柿茶です。野菜や果物よりも手軽に摂取できますので、是非
ご自身の自己免疫力をパワーアップさせる助っ人としてご活用ください。先月よりこの発表を受けて以来、カフェのご利用の方に柿茶を無料でご提供しております。
 そしてもっと自身を付けたい方には、野菜ジュースがおすすめです。ビタミンC豊富な新鮮野菜を中心に、毎日搾りたてのジュースをお召し上がりください。コロナウイルスの重症化されているすべての感染者で腸内細菌フローラ(腸内細菌叢・・腸内に棲んでいる細菌が菌種ごとの塊となって腸の壁に隙間なくびっしりと張り付いている状態)が乱れていることが発覚したそうです。繊維質豊富な玄米や、緑黄色野菜をしっかり食べて、腸の環境を健康に保ちましょう。
 私達は、ストレスが多いと心拍数が上がって知らないうちに肺呼吸になっています。浅い呼吸となって酸素を運ぶ血液が全身に十分に行きわたらなくなります。気持ちを楽に持って、ゆっくり腹式呼吸をすることも忘れないでください。
今月も元気に過ごしましょう!

参考記事:(https://isom-japan.org/

節目である二月は、お別れの月に2020.03.01

 先月は、2つの大きな別れがありました。その一つは、私が店を引き継いで以来、ずっとお取引していたお豆腐のみの治さんが、体力的なこと、設備の老朽化などもあって、廃業されました。先月の21日が最終日だったので、ひと声「お疲れ様でした」と言いたくて駆けつけました。
 43才の時にお豆腐屋を開業されたそうですから、今年で37年。83才まで現役で、しかも朝早くから冷たい水を扱う体に厳しいお豆腐作りをされたことに敬服の念に堪えません。安全、安心なお豆腐と、私の毎日のお酒のお供だったガンモやわらじ揚げなどを、こうして長年食べれたことは、とても幸せなことでした。これからは、少しのんびりしていただいて、動きたくなる頃、当店で豆腐作り教室や
がんも作り教室などをしていただきたいと、一人妄想を膨らませています。お体をご自愛の上、これからも健康でいていただきたいと願っています。

みの治2.jpg

 そして2つ目は、カフェを任せていたこと恵さんが、出産のため、産休に入ったことです。8年前の二十歳の頃に入社したのですが、その翌年からはカフェの責任者として、今までしっかりとその責務を果たしてくれました。彼女が結婚をすることになって、当店のキッチンスタジオを披露宴会場にしてくれたり、とてもいい想い出となりました。
 しばらくの間は、子育てで大変でしょうから、また、働ける環境が整ったときは復帰してもらいたいです。本人からも皆様にご挨拶させていただきます。

カフェスタッフのこと恵です。
 この度、妊娠、出産の為2月いっぱいで産休に入ることになりました。去年の夏に妊娠がわかりすぐにひどい悪阻が始まり、2ヶ月程ほとんどお休みを頂いていました。つらい2ヶ月でしたが職場に戻ると、その間頑張ってくださったスタッフの方や、温かいお言葉をかけてくださるお客様たち、そして久しぶりにカフェで料理を作れることがとても嬉しかったです。自分はやっぱり料理とカフェの仕事が好きだなぁと改めて実感しました。
 「とても美味しかった」「どうやって作るの?」とお客様に言われたり聞かれたりするのが私にとっていつも励みになっていました。お腹が大きくなってからも座りつつ仕事をさせていただきましたが、「体大丈夫?無理しないでね」とお声をかけてくださるのも嬉しかったです。
 しばらくお休みを頂きますが、またププキッチンに戻ってきてお料理を提供したいと思っていますので、その時はよろしくお願い致します。
 これからは母になるのでお腹の赤ちゃんと向き合って、無事にお産ができるように準備していこうと思っています。今までありがとうございました。

送別会2.jpg


Iさんのと別れ2020.02.01

 北区からこちらに移転して以来、決まって毎週火曜日に買い物に来てくださっていたIさんが、先月亡くなられました。肺炎がもとで入院したそうですが、回復しかけていたところに別の菌への感染で重篤になり、そのまま息を引き取ったそうです。駆けつけたときには既に遅かったのですが、息が苦しそうなお顔ではなく、安らかな表情をされていたのでホッとしました。
 週に一回の店での会話も、あまり自分からは話さない方で、世間話に毛が生えた程度。それでも振り返れば、かれこれ15年のお付き合いになるので、累積すれば結構なボリュームになるのかもしれません。
 モスグリーンのジャンパーに、ジーンズ、そして大きめのリュックを背負い、トレードマークのベースボールキャップを深めにかぶり、野菜を物色するのがいつものスタイル。会話の中で、特に記憶に残っていることといえば、毎日多少の具が違うだけで、同じものしか作らない料理のこと。どんなものをいつも作っているのか尋ねたところ、ここで買った野菜や豆類などを刻んだりして地粉で混ぜて、お好み焼きのように焼いて食べるということで、それが自分の健康の秘訣とニンマリした表情が思い出されます。
 また、こちらの計算ミスでがあったときも、翌週に、何か試されてる気がするんだよなあとつぶやきながら、いくら多くもらったから返金するよと言って、伝票と一緒に持ってこられたことも。
 最近になってからは、買い物に来なくなったら死んだと思ってよ。もう近そうな気がするんだ。と、真顔で言われる。自転車で40分かけて来られてるんだから、まだまだ大丈夫ですよと返すと、最近、辛くなってきたんだよねと、会話したのが昨年の11月頃のことでした。颯爽とした動きで店を後にして、自転車で帰る姿は若々しく、どう見ても60代後半から70代前半にしか言えませんでした。
 既に息のないIさん。トレードマークの帽子もなく、白髪のスポーツ刈りをした顔を見て、自分の寿命を語っていたことがようやく分かりました。ベッドの頭部側に記載されている生年月日は、1939年、何と80才だったのです。もし、何かあった場合の約束もあり、ご自宅からそのメモをヘルパーさんと取りに行ったり、葬儀まですることも考えましたが、身寄りの方を探すのが一番良い方法と、弁護士の先生に教えていただき、可能な範囲のお手伝いをさせてもらいましたが、Iさんの整理されて行き届いた部屋が今でも目に焼き付いています。
 かつて武士道においての覚悟というのは、決して特別なものではなかったそうです。死期を悟って慌てて遺言を書くことなどではなく、食物や水のように、当たり前の日常に欠かすことのできないものだとされているそうですが、まさにIさんの最期がそう感じられました。
 死んだら何も乗っていけないのに物はたまる一方です。動けなくなったらなおさらです。自分の寿命を感じ、普段から最小限にしてこの世を旅立ったお姿に尊敬するとともに、生きざまを見せていただいた気がします。

大腸の健康法2020.01.01

 毎週土曜日、NHKラジオで放送されている文化講演会は、職種、業種がさまざまな方々の話しが聞けるので、楽しみの一つになっています。先月の末、「大腸の健康」というテーマで、医師の松生恒夫氏のお話しがありました。これまで、4万人もの患者さんの大腸内視鏡検査を実施してきたスペシャリスト。そして東京慈恵医大の出身ということで、明治の脚気論争についても言及があったため、一層聞き入ってしまいました。
 以前にお便りでご紹介したことがありますが、明治時代に起こった日清戦争や日露戦争では、戦死者より脚気による死者のほうがはるかに多くて事態は深刻だったそうです。その中、陸軍では白米を推奨し、脚気は細菌よるものとして、細菌探しに躍起になっていました。一方、海軍では、脚気は食事に原因があるとして、麦飯や、当時馴染みのなかったカレーも取り入れたそうです。
 その結果、海軍での脚気による死亡者は皆無に等しく、一方の陸軍で大量の脚気死亡者を出したのです。その頃の陸軍の責任者は、東大医学部、後の森鴎外です。そして海軍の責任者が、後の慈恵医科大学の創始者、高木兼寛氏で、後の「ビタミンの父」となる方でした。陸軍軍医団を筆頭にドイツ医学一色で学理第一・研究優先になっているのを憂い、英国から帰国後、臨床第一の英国医学と患者本位の医療を広めるため設立された病院とのことです。
 お話しは期待通りの内容でした。以降内容を列挙します。昭和四十年前後の日本の食生活は、漬物やお味噌汁など麹を使った食品が多く、大腸の病気はたいへん少なかったそうです。それから数年後に腸に良いとされて、ヨーグルトの普及が普及しました。食生活も欧米並みになり、肉類、乳製品の消費量が急増します。ファーストフード、コンビニ食などが当たり前になった現在、大腸がんなどの腸に関する病気がそれとともに激増しました。先生曰く、そもそも乳製品や肉類、ヨーグルトが腸の環境に良いのか?北ヨーロッパと、南ヨーロッパの大腸に関する病気の関連を見るとよく分かるといいます。
 北ヨーロッパのアイスランドやノルウェイ、イギリスは、潰瘍性大腸炎や大腸がんが圧倒的に多く、一方の南ヨーロッパであるイタリアやスペインは、それが、圧倒的に少ない。その食生活は、オリーブオイル、穀物、魚や果物が中心で、砂糖もメインでは使わないそうです。この地中海食が、腸にとてもいい事がわかると。そしてこれが日本の食生活に似ていることです。しかも日本の伝統食には、麹菌を使った味噌や甘酒などに、蛋白を分解する酸性プロテアーゼを多く含んでいて、腸の悪玉菌を抑え、善玉菌を増やす働きをするそうです。日本の伝統食が、腸の環境に良いことを、腸のスペシャリストの先生が、長年の研究をもとに自身を持って話されていることに、とても勇気づけられました。
 先生の、松生クリニックでは、下剤を少しでも使わなくするために伝統食を更に研究しているということです。水溶性食物繊維の重要性にも触れていました。旬の果物や、もち麦などに含まれていることから、ブームになったようですが、便を柔らかくして排出しやすくする作用と、酪酸が作られることで、腸と腸内細菌を元気にしてくれる作用があるそうです。
 新年度に当たり、日頃の食生活を見つめ直してみるのもいい機会かもしれませんね。ぜひ、ご参考にして下さい。
1