ヘルシングあい便り

1

内臓とこころ 22019.03.01

沖縄島東海岸の辺野古。 絶滅危惧種・ジュゴンの餌の海草(うみくさ)が広がり、最も重要な生息地の一つであり、高さ二十メートルの断崖をなすコブハマサンゴをはじめとしたサンゴ群落が密集している自然の宝庫。そんな貴重な資源が残る海を埋め立てて、米軍飛行場を移設する工事のため、大量の土砂が投入されている映像が流れているのを無念に思う人は少なくないはずです。
 沖縄の県民投票では7割を超える反対票が示されました。それに国はどう応えるのでしょうか。
 民主主義の根幹に迫るこの票の行方は、決して対岸の火事ではないはずです。メガソーラー、リニア、ダム建設などの工事が当然とばかりに進む中で、そこで暮らしている人たちの生活も脅かされています。経済効果という名ばかりな政策で、二度と復元できない豊かな自然環境や私達の住むところさえ奪われようとしてます。
 今や私達の住むこの国は、一昔前の技術大国から姿を変え、海外から年間三千万人ペースで推移している観光客を視野にして観光立国に突き進んでいます。そんな伸びしろのある産業を後押しするため、民泊などをはじめとした規制緩和も行われました。まだ多くの自然や古い町並みが残る日本に、多くの外国人の方に来ていただき、文化や人に触れていただくことはとても良いことだと思います。それを証拠に、上位に北海道や京都、沖縄など、その動きは地方に向かっています。
しかしその一方で、先に述べたような環境破壊が悠然と行われているのです。
 多くの観光客が訪れる北海道で、地震による甚大な被害がありました。つい最近も震度6を観測しています。頻発する自然災害は、道路やダム建設など、自然環境を破壊することに対する神からの警告ではないでしょうか。
 先々月のお便りでもご案内した三木成夫著の「内臓とこころ」から、人胎児の顔貌変化の図をご紹介します。
 受胎32~38日の頭部と手の変化です。これら4つの姿は、4億年かけて進化してきた生命の記憶だと著者は語ります。右上の図は、32日目、軟骨魚類として海を離れずに4億年生き抜いてきたラプカの姿。36日目の右下は陸上に上がった爬虫類の姿に。そして38日目には哺乳類の顔にと、
脈々と続いてきた生命の進化を見ることができると教えています。私達の祖先を辿っていくと、すべて数億年という生物発生当初まで遡ることができるということです。私達は自然の一部なのです。その大きな自然に支えられて生命が育ち、私達が存在していることを語りかけています。

naizoutokokoro のコピー.bmp

排せつ健康法2019.02.02

 先月末、愛知県がインフルエンザの最多記録の更新で騒がれる中、スタッフが突如二人風邪でダウン。それと同時に私も喉がいがらっぽくなり、頭はぼ~っとしてきたので、これはマズイと思って、早速アスミンをこまめに飲み、家に帰ってからは、悪寒がするため温冷浴をやめて、熱い温度の腰湯をしてすぐ床につきました。その後、頭の熱は出ませんでしたが、寝付きが悪く、体中でバリケードを破られるか破られないかの死闘が繰り広げられているという状況。熱っぽい部分に手を当てながら、応援を送り続けました。夜間目が覚めて喉に鈍い痛みがあったため、何年も継ぎ足ししているびわ種のエキスでうがいをして、そのエキスを患部に湿布して寝ました。
 翌朝、喉の痛みは昨夜より治まっていました。体は若干重く感じるくらいで、どうやら風邪菌とのバトルは、互角の勝負で、時折出る痛みや咳は、油断すればいつでも乗っ取られることを感じさせました。毎朝の青汁に加えて、菌にめっぽう強い臭い柿渋も飲みました。
 体の一部が思うようにならないと辛いですね。この時期、ちょっとした手荒れでも気になります。だから、寝込むような風邪やインフルエンザになろうものなら、早く何とかしてくれと思うのが、人情かもしれません。逆に言えば、私達のからだは、飲み過ぎようが食べ過ぎようが、夜更かししようが、体内恒常性(ホメオスターシス=環境が変化しても体の状態を一定に保とうとする生体的働きのこと)の働きによって、安定した状態を保ってくれています。暑くなったら、勝手に汗をかいて体温調整したり、寒いときは、勝手に鳥肌が立って体温を逃さないよう働いてくれます。こんなに高性能な機能をからだは、誰もが当たり前に持っているんですね。冷静に考えれば凄いことではないでしょうか。からだが勝手に判断して正常な状態(健康)に戻す反応をしてくれてるんですから。
 では、逆に頭の方はというと、からだが疲れていても、付き合いや飲み会優先、疲れをふっとばすのに焼き肉でも行くか?など、かえってからだに負担をかけることばかりを考えてはいないでしょうか。当たり前に備わっている素晴らしい機能だからこそ、それを過信し、見過ごしてしまっているのではないでしょうか。
 伊沢博士の書籍「排せつ健康法」に、分かりやすい例えが書かれていましたで以降、ご紹介させていただきます。
「 ・・さて食中毒になるとだいだい誰でも"あァそうか"というふうに思い当たるフシがあるものです。
①私達の「からだ」は、悪いものは悪いのですから、一刻も早く、なんとか「からだ」の外へ出してしまおうと努力し、頑張り続けます。そして吐き気や嘔吐や下痢や、発熱現象はみんなそういう努力の結果、出てきた症状です。
ところが、
②「あたま」のほうは、この嘔吐と下痢と発熱の三つを、眼の仇のように思い込み?、何とか抑え込もうと考え、実行に移させています。その命令に従い、我々はそのとおり実行しているということです。これではまるで、からだと頭の対応の仕方は反対です。しかし、これほど正反対のやりかた、手
当ての仕方、対処の仕方、治し方を、今まで私達は何も疑わずにやってきたわけです。そこでそのどちらが正しいかを、もう少し突っ込んで言えば、どちらのほうが「からだ」のためになるかを突き詰め、調べ、反省してみる必要があります」
 インフルエンザが猛威を振るう季節だからこそ、一度、からだの声を聞いてみる良い機会かもしれません。

参考著書:伊沢凡人、伊沢和光著「排せつ健康法」誠文堂 

カロコの森プロジェクト2019.01.05

 昨年の暮れ頃から、店のいたるところに菅原真樹さんの撮られた写真の展示をさせていただいてます。一昨年の五月頃に、その菅原真樹さんに当店へお越しいただきお話し会を開催いたしました。私達の周りからどんどん緑がなくなっています。全国各地で、メガソーラー事業の名のもとで、手付かずの自然が残る山々にメスを入れようとしています。相変わらずダム事業は、問題を抱えながらも突き進もうとしています。環境破壊による災害が年々増えていることが明らかであっても、利益を優先することしか考えなくなった人たちが数多くいるということです。大変残念なことですね。数百年以上という想像もできない長い年月をかけて後世のために残された貴重な遺産が、たった数年で脆くも破壊されてしまうのです。ハワイ島にあるかロコの森もそんな貴重な場所です。

「カロコの森はフアラライ山が出来てから四万年のサイクルで手付かずの循環を繰り返し、進化し続けている姿を目の前で触れることができるハワイ全体の島々の中でも5%にも満たない奇跡の原生の森」だそうです。そんな森を破壊から守ったのが、様々な銀行に融資を求め、奇跡的にも融資を取り付けることができた菅原真樹さんでした。しかし、昨年の十月に、銀行側の抵当権とこの土地はお金儲けの対象として、次々と目まぐるしく銀行が新しい銀行に転売され、真樹さんも強制退去をさせれたのです。
 
 タマシイノヒトシズクという菅原真樹さんの写真集に掲載されているものは、海の生物たちに脅威を与えないよう写真はすべて素潜りで撮影するそうです。何と水深100mでの撮影さえあります。
そんな美しい写真の数々をご希望の方に販売させていただきます。そしてその売上はすべて、カロコの森プロジェクトに寄付させていただきます。
 現在、菅原真樹さんは、日本各地で、貴重な自然を守る活動として講演をされています。名古屋近辺にお越しの際には、また店に来ていただいて、お話し会を開催したいと思っています。最後に、菅原真樹さんからのメッセージをお伝えさせていただきます。

 「私は当初からこの森が永遠に金儲けの対象ではなくなり、いのちを育み、人々もそれに寄り添い、恩恵を深く受けるカロコの森と海から学ぶことで、ハワイの様々な角度から他の場も含めて、大循環の環の中で、素晴らしいハワイから癒し、学び、未来が見えるものをイマジネーション、インスピレーションを得る場として、カロコ森のトラストが成功し、アフプアアを伝えるメッセージセンターとしてカロコ、ハワイを愛する人々の拠り所、コミニケーション、学びの場所の聖地となればと考えています。
 一本一本森の命と人の命は同等と考えています。
今は、是非とも皆様のお力添えを頂きたいです。この問題を、栄養に笑顔に変えて再びこのカロコの森に皆で戻れることを信じます。」
1