ヘルシングあい便り

情けは人のためならず2006.02.01

時代の寵児ともてはやされた「ホリエモン」が逮捕された。政財界をも揺るがした騒動に、メディアも連日よってたかっての報道だ。お金で何でも手にすることが出来るといった言動に批判を浴びせておきながら、そこに群がって虚像を巨人にしていったのもメディアである。根底に流れているものは同じであり同罪ではないだろうか。いまさら手のひら返したような冷静な批評が見苦しく感じる。
社会に出て間もなく、当時の恩師から口癖のように聴いていた言葉がある。「情けは人のためならず」という言葉だ。2001年1月に文化庁がおこなった国語に関する世論調査の中で、この「情けは人のためならず」の意味を問う設問で、甘やかさないためにも情けはかけてはいけないと解釈した誤答が正解を上回る結果が出てしまったそうだが、ご多分に漏れず私もその一人だった。「めぐりめぐって己がため」という後半部分が表すように、自分のためと思ってでも人には情けをかけるというのが正解である。そんな言葉を思い出すような記事を以前にもご紹介したコラムで目にしたので記載したい。
それは一昨年の7月に福井県を襲った集中豪雨、堤防決壊、大洪水の被害。そこからから奇跡的に蘇った福井市の話しを市長に聞くものだった。当時、当店のお客様の中でも数名の方がボランティアに参加したと伺っていたので印象深かった。大災害からの復旧で一番大変なことはごみ処理だ。東海豪雨の時に痛切に感じたのだが、福井市ではその被害で、市の年間処理量の5分の一に当たる膨大な量のごみが出たそうだ。それだけのごみを運び出すには2ヶ月くらいかかるのだが、その泥まみれの2万トンのごみがたった2日で片付いたそうである。それも凄いことに、要請は一切していないのに支援の輪が自主的に広がって、94の市町村や清掃組合が近畿・関西方面からぞくぞくと応援に来て、しかも、その2日間、収拾の一切が福井市の職員の手を煩わせることなく行われたそうである。
どうしてそこまでやってくれたのか?不思議に思うのは言うまでもない。それは1995年の阪神・淡路大震災に遡る。福井市長は、神戸市へ職員を一年間派遣するなど、あらゆる応援をするように指示した。そのときに支援に来ている他の自治体や神戸市の職員との間に強い絆が生まれ、ネットワークが出来たらしい。1948年福井地震で市長は身内を亡くされている。当時中学3年生だった市長も危うく家の下敷きになるところだったそうだ。その上一ヶ月近く野宿同然で過ごしていたことろを豪雨に見舞われて、寝る場所もなく立ったまま朝を迎えたこともあったという。しかし、その時、他府県から応援に来た大工さんが雨露をしのぐ仮住まいを作ってくれたのがホントにありがたかったと語られていた。災害の多い福井は危機管理意識が高い。その意識から働く情けがめぐりめぐった恩返しの輪である。
昨年の暮れからの豪雪は、上空の気温低下に加えて地球温暖化による高い海水温で立ち上る水蒸気が増えたことが原因のようだ。豪雨や洪水ばかりか豪雪も頻発する時代に、めぐりめぐって私たちのところに帰ってきていることも忘れてはならない。


非まじめのすすめ?2006.01.01

旧年中もひとかたならぬご用命を賜り、スタッフ一同心から厚く御礼申し上げます

もうかれこれ10年以上も前に親しい方からおすすめ頂いた本がある。何度も読み返したせいか、今でも記憶に新しい。その本は、ロボット工学の第一人者で、毎年お馴染みとなった全国の高校生がアイデアを駆使して競い合うロボットコンテスト提唱者の森政弘氏が書かれた「非まじめのすすめ」だ。ロボットを作ることでの面白いエピソードが紹介されている。人間の行っている行動を再現してみようとすると、何と人間の動作は一つ一つが、難しく、大変な作業をしているのか気づいたという。手の五本指をロボットで再現しようと研究すると、その機能のすばらしさに朝から晩まで研究になるそうだ。指は5本ついているが、それぞれ長さが違う。長さが違うことで、ペンを持つことや、水をすくうことができる。5本より多いと邪魔で仕方がないらしい。あたり前と思っている動作をロボットで再現しようとすると、指の長さがそれぞれ違うからこそ生きていられるという造物主の設計理念が分かってくると語っている。
面白い非まじめのたとえを紹介したい。ポケットから出した1円玉、これは丸か四角かと尋ねられれば、当然、丸と答えが返ってくるものと思う。しかし、それを正面から見ずに側面から見たとすれば、長細い四角にも見える。丸いと同時に四角と見えるこの矛盾をのみこめる心が非まじめ発想というのだ。迷い、対立、けんか、いがみあい、戦い、しっと、うらみ、卑下、優越感などなどもろもろの苦しみは、「丸は丸であって四角ではない」と、1つのものしか見なくなる。しかも違った角度で見るゆとりもなくなって、かたくなに思いつめる心の狭さからおこるものであると。何気なく目にしている街並みも、高い所から見下ろせば、また違った景色が眼前に広がる。そんな精神が大切であるという。
なるほど普段、あたり前のものの見かたしかしていないと、ついついこれはこういうものだと決め付けがちになる。先程の手の話ではないが、動くのが当たり前だと思っている。体もそうだ。感謝なく使っていれば、動かなくなったとき、もっと労わればよかったと思うかもしれない。
さまざまな問題や、行きづまりは、ただ単なるぐうたらな不まじめや、頭から湯気を立てるようなまじめさでは乗り越えられない。それを超えた「非まじめ」発想で解決できる。何やら仏教問答の書物の紹介と思われるかもしれないが、悲惨な事故や事件が蔓延し、世間が硬直するなかでも、ゆとりをもって生きていける新年にすべく、非まじめ発想を大きく警鐘したい。
本年もよろしくお願い申し上げます。