ヘルシングあい便り

風邪の効用2004.02.01

1月の中旬に、不覚にも風邪をひいてしまい週末は丸1日床に入ってジッとしていました。普段は寝ているのも疲れるものですが、こういうときは不思議と寝ていられるものです。ただ、体の節々は痛いしのどは乾くので、その都度おきて水を飲んだりアスミンや、SOD様食品、れんこん湯エキス、ローズヒップなど服用し、のどの痛みはビワ種のエキスのシップを患部に張ってしのぎました。
野口晴哉氏の「風邪の効用」の本の中に、風邪は自然の健康法であるとあります。日頃の生活で崩した体のバランスが、風邪を引くことで、体を正し、じっくりと経過を待つことによって、風邪をひいたあとはあたかも蛇が脱皮するような新鮮な体になると説いているのです。一見するとそんなうまい話しがあるかと思いがちですが、経過を考えるとうなずけることも発見できます。今回の風邪は体が冷えて冷えて仕方がありませんでした。空気が凍りつくように感じられたのです。本来ならカーっと熱が出て翌日カラっと回復と思いたかったのですが、そうは問屋が卸しませんでした。どうやら陰を体にためこんだせいなのでしょう。苦し紛れに普段より熱くしたお風呂で腰湯もじっくりとしました。ようやくその日の夜、ぐっすりと眠ることができ知らずに汗もかいていました。幾分かすっきりとした体に風邪の効用の意味を感じた次第です。
ホメオスターシス(体内恒常性)という言葉があります。自律神経系・内分泌系・免疫系が互いに調節し合い、いつもの心身状態を保とうとすることを意味するのですが、それがバランスを崩すことで病気の原因を呼ぶのでしょう。熱や痛みやだるさは、あらゆる体の機能が元に戻ろうとする信号と捕らえると風邪もまんざら悪いものではないですね。
インフルエンザのシーズンです。くれぐれもお体ご自愛ください。

謹賀新年おめでとうございます2004.01.10

謹賀新年おめでとうございます
旧年中もひとかたならぬご用命を賜り、スタッフ一同心から厚く御礼申し上げます

昨年末にアメリカで狂牛病が発生したというニュースは、飲食業界を驚かせるものでした。それもそのはず各国で狂牛病対策の対応に苦慮する中、いち早くアメリカは肉骨粉を反芻動物に与えてはならないとされる政府規制や、欧州で狂牛病が発生した時点から国家危機管理体制の一環に組み込まれ、非常事態体制プランまで詳細が作成されていたというからです。
しかし、アメリカのドキュメント番組で、「アメリカの牛は肉食になる時でも、ほとんど検査されておらず、アメリカ中で年間2000頭程度しか検査されていない。これはアメリカでは狂牛病が発症していないので、怪しい牛だけを検査している状態とのことである。もちろん解体のしかたも、背骨を抜き取る方法など取っていないとのこと。」など、いつ狂牛病が発症してもおかしくないという報道がなされたといいます。真意のほどは明らかではないにせよ、恐ろしいことは日本に輸入されるアメリカ産の牛肉が全体の半分以上を占めることです。和牛に比べて約6分の1という低価格なため、牛丼やハンバーガーなどファースト・フードや、ファミリーレストランなどで使用されているのはほとんと輸入肉といって間違いないのです。よくよく考えて牛丼一杯よりコーヒーの値段のほうが高いということ自体不自然な話ですね。
申年にちなんで三猿が有名です。“人の非を見ず”“人の非を開かず”“人の過ちを言わず”の意味で一種の戒めと受け止められていますが、これからの時代、「よく見る」「よく聞く」「大声で言う」を表す三猿である「変わり三猿」でありたいものです。

喫茶コーナーでは、今年から毎週土曜日もランチを始めます。当初は限定10食とさせていただきますが、手作りの良さを楽しんでいただけるようなクッキーやケーキなどもご提供していくことができそうですのでご期待ください。
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。