イベント

ロースイーツ講座2019.02.07

2月7日(木)11:00~14:30 5,500円
ワークショップで作るメニュー
*ローチョコブラウニー
*ローチョコアボカドバナナムース
*ローチョコ(ヘーゼルナッツミルク)
※ローチョコブラウニー
 ローチョコ(ヘーゼルナッツミルクから作ります)
 ローチョコムース(2種類のチョコムースが層になっています)
 ラズベリーチョコタルトの中は、ラズベリークリームとチョコクリームが入っています。
3種テイスティング、オーガニック・ティー付き、
ローブラウニーお土産付き

希望される方にはワークショップで使うローチョコ材料も格安で販売可能です。日本国内では手が届きにくいので、なかなかないチャンスです。バレンタインに向けて、皆さん各自で作ってみて下さい!

参加は必ずお電話でお申込み下さい。
参加ボタンを押しただけでは申込みになりません。
電話 052-602-5930 (ヘルシングあい)


講師 タケトモコ
オランダ・アムステルダム在住の美術家。衣食住をテーマに創作活動している。
2003年より、食養研究家:オオニシ恭子のもとでヨーロッパ薬膳を学び、オリジナルの色鮮やかなヴィーガン・メニューで、カラフルで人々の遊び心を刺激する、ピュアでユニークなアート・フード・パフォーマンスを行っている。

2010年より、オランダ・アムステルダムにてEatScape主宰し、東京都現代美術館のオープニング・レセプションにて、オオニシ恭子とのコラボレーション・ワークとして、マクロビオティックと薬膳を基本とした、新しい味の発見と素材の冒険、食の新しいライフ・スタイルやビジョンを提唱している。
またカクテルデザイナーとヴィーガン・フードのコラボレーション・ワーク「dOpプロジェクト」では、感覚を刺激するフードとカクテルをデザインした。

2013年には、デンマーク・コペンハーゲンにて、デンマーク・アーツカウンシルの援助により、実験的な舞台芸術の制作支援を行なうウエアーハウス・ナイン(Warehouse9)に招待され、地元のパフォーマンス・アーティスト、コアアクト(CoreAct)、地元のシェフなどからの協力を得て、フード・パフォーマンス「イート・スケープ」を発表した。

参考記事:カラフルでピュアな菜食料理、食べる人の遊び心と感覚を刺激する「イート・スケープ」
http://bigissue-online.jp/2013/09/02/earscape/

2014年より、オランダ・アムステルダムにてBodyScape主宰。東洋と西洋の両方のマッサージ&ヒーリングテクニックを駆使し、
個人の身体の状態に合わせたケアをカスタマイズしている。一般人からVIPゲストまで、世界各国の人々の心と身体をケアするセラピストとして活動しながら、食と身体とアートを統合するライフワークを日々実践している。
take01-1.jpg

コメント



画像の中に見える文字を入力してください。