ヘルシングあい便り

前の10件 8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18

分かってない2008.03.01

 分かっているつもりで、一番わかっていないのが自分のことだとよく言う。今回はそのことを痛感した。先月の始めに体調を崩したのだが、最初は軽い風邪くらいに思っていた。少しのどが痛くなった程度だったからだ。のどの痛みにはれんこん糖エキスと、決めてかかって飲んだ。しかし飲んでも一向に良くならない。痛みは治まるどころか、さらに増し、とうとう咳き込むようになった。そうなってからでは遅かったようだ。悪寒がし始めた。熱い温度にして長時間の腰湯をしても、体が冷え切っているせいか、汗も出ない。食欲はなくなり、何も食べずに、まだ腰湯の熱が体に残っている間に寝床に入った。一晩中寝苦しさに寝返りをうちながら、腹部に手を当てると、すっかり冷え切っている。原因はどうやら内臓の冷えから来るものではなかったか。
 そこで翌日、翌々日と、スタッフの美味しそうな食事を横目で見ながら断食を続けた。その間、玄米クリームや、抗酸化食品のヘルシーアルファー、柿茶、アスミンを十分とった。寝込まなかったのは、ようやく体の声に気づいてそれに従ったからかもしれない。体は徐々に軽くなり、腰湯でも上半身が発汗し始めた。抵抗力を失いかけていた体が回復し始めたのだ。しかし、のどの痛みを単なる風邪の引き始めと侮ったツケは、結果的に、全快に至るまで3週間かかった。思えば、昨年もひどい猛暑だった。ビールと、クーラーなしでは寝られない日もあった。それが一転して長い冬が続いた。いや、まだ続いている。一年中体を冷やしっぱなしにした結果、その警告が、のどの痛みとなって現れたのだろう。ちなみに、東洋医学では、のどは肺と胃の扉と言われているそうだ。
 ノーベル賞生理医学賞を受賞したアレキシス・カレルの作品を、桜沢如一氏が翻訳した「人間?この未知なるもの」という本がある。20年ちかく前に読んだ本だが、出版されたのは今から90年程前のことだ。書かれていた内容は、現在の新刊と思われてもおかしくないほど未来を予知し、多くの警告を残していた。科学的に、生理学的に人間を追及し、探求した彼が、「われわれ人間は人間を知らない」「病気を治すのは、薬ではなく、われわれ自身である」と、語っていたことを思い出したのだった。

200号を期に2008.02.01

今年は十二支が子年で九星が一白。子年の子は、始まりをあらわす「一」と、終わりをあらわす「了」の組み合わせといわれる。九星とともに、はじまりの意が重なる年だという。そんな年を象徴するように、このお便りも、ちょうど200号となった。61号からこのお店とお便りを引き継いだから、思わずこの数字の大きさに目を見張ったが、今年で丸12年、ちょうど年を一回りしたのだからそれくらいの数字で間違いないのだろう。
 その間、多くのスタッフに恵まれ、助けられてきたのだが、今年に入ってほとんど新しいスタッフに入れ替わることになった。当初は引継ぎも心配されたがスムーズに進み、お客様にご迷惑がかからず、ホッとするとともに、またスタッフに助けられた思いでいっぱいである。
 これからまた新たな一歩として、私を含め、スタッフ一同、より皆様に喜ばれる店作りをするよう努めるべく、200号のこの期に記したい。

インフルエンザや風邪予防に耳寄りな話・・・・・・・・
 昔から「柿が赤くなると医者が青くなる」といいます。柿を食べると病気にならないという意味で、柿の実を食べるころには病人も減り、医者は仕事がなくなってこまるからそういわれたそうです。その理由は、風邪をひきにくくするビタミンCが柿に多く含まれていることを指しています。しかし、柿の実だけでなく、柿の葉にも緑茶の10倍といわれるビタミンCが含まれています。空気が乾燥してインフルエンザウイルスや風邪の菌が飛び交うこの季節は、特にこの柿茶がおすすめです。当店の喫茶コーナーでも、この時期、柿茶をご提供していますが、春への移り変わりの時期、体の変調が現れる季節なので健康管理に、柿茶を常備されてはいかがでしょうか。近年、薬害問題が騒がれる中ですから、下手をすると命と引き換えのようなワクチンや、タミフルなどに頼らない体作りをしたいものです。

電磁波とは2008.01.01

電磁波のことを具体的に知ったのは、20年ほど前に、ある会の発行する情報誌を見たことがきっかけである。電磁波がさまざまな病気の原因となっていることや、ある国では、高圧線の下には建物を作らないなどの対策がなされているという。一方、わが国に目を向けると、家の周りを始め、至るところに高圧線が走っており、その下には当たり前のように家が立ち並んでいる。この違いは一体何なのだろうか。現状の生活を考えると、携帯電話に代表されるように、便利が優先してついついその害については伏し目がちになってしまう。 ところが5年ほど前、パソコンを使用する頻度が増えてからというもの、目のかすみが深刻となり、我慢してると頭痛までしてくるようになった。伝票処理など、どうしても人に任せられないことがあるために、仕方がないと諦めていたところ、作業中のパソコンから出る電磁波をアースできる機械を見付けたのだ。早速取り付けて作業をしたところ、以前のようなかすみ目はなくなり、長時間の作業が苦もなくできるようになった。その機械はエルマクリーンというもので、以前より低価格になり、購入しやすくなっている。なぜ、ここまで具体的な話を出したかと言うと、最近、電磁波によるものと思われる体調不良を訴えるお客様が増えている。数名の方に電磁波の簡易測定器をお貸ししたところ、家中いたるところで測定音が鳴るという方がいたのだ。電磁波といっても、この雲をつかむような言葉を分かりやすく説明するのは難しい。そこで、それらの疑問を解決すべく、先月上旬、電磁波についての専門知識を得るため上京した。
 一日にわたって勉強したのは何年ぶりだろうか。頭を使いすぎて頭痛がしてきたくらいだが、難しいことはさておき、最も分かりやすいことでいうと、電気の消費量が、約40年で6倍に増えたそうだ。それに伴い、コンセントや壁を伝っている配線も6倍になったと考えていい。オール電化という言葉が当たり前になるほど、生活が電気で成り立っているのだ。その負荷は当然、昔の6倍になったといえよう。その負荷が大きくなったことで体感する人が増え、体調に異変をもたらすことになったと言えるのではないだろうか。電気をアースすると良くいうが、アースとは地球や大地を意味する。電磁波とは、地球との触れ合いが困難な時代が生んだ落とし子かもしれない。

もったいない?2007.12.02

 先進国で唯一、自給自足が出来ないわが国は、食料自給率(カロリーベース計算)が40%を割り、60%を輸入に頼っている。にもかかわらず、1年間に食品の廃棄量は、2154万tと言われる。下手をすると、作っても半分以上が捨てられているような状態だ。世界各国で、食糧難を危惧する声が高まっている。そんな中で、今年は食べ物のニュースで明け暮れた。中味の偽装から始まって、老舗の表示偽装で片付いた。百貨店のショーケースには、物がたくさんないといけないというような常識を覆し、老舗なら老舗らしく、売り切れ御免で当たり前のことをしていればそうはならなかっただろう。偽装は問題だが、メディアもメーカーの失態を追及するだけで、そうなった流通の経緯には触れようとはしない。これでは問題の根本が何であるかが分からなくなるだけでなく、氷山の一角を見せしめに叩いただけで、結局、食料廃棄というゴミだけが、絶え間なく捨て続けられ、問題は全く解決されぬままになってしまうのではないだろうか。
 寒さが少し落ち着いて、絶好の紅葉日和だった先月の末ごろに祖母が他界した。その翌日、葬儀に参列するため、久しぶりに帰った長野は、逆にとても冷え込んでいた。明治44年生まれ、今月で97才になるところだった。9月の終わりに軽い脳溢血で倒れてからは、点滴だけで2ヶ月生き延びたそうだ。幼い頃に、粉から手づくりでうどんやラーメンを作ってくれたりした思い出が蘇ってきた。大きさがまちまちで、うどんなんだか、ラーメンなんだか記憶にないが、祖母がうどんといえば、うどんと思って食べていたのだろう。それでも、その味が美味しかったと記憶の片隅にあるから不思議である。今手元にある材料で、魔法のように一つの料理にしてしまう祖母に、あれを作れ!これを作れ!とぐずったものである。明治、大正、昭和、平成と、日本の動乱期を生き抜いた貴重な話しも結局聞けずじまいで終わってしまった。ただただにっこりとした笑顔だけが、思い出される。
 温故知新という言葉があるが、古きを温める間もなく、新しいものを受け入れ、古くから大切にされていたものが、どんどん忘れ去られようとしている。古きを導いてくれた祖母や祖父の存在が、家庭からどんどん遠ざかって行くからではないだろうか。もったいないという言葉が流行語になったりしたが、もったいないの意味を教えてくれる人は、いつまでこの地にいるだろうか。

勝つより負けるほうが2007.11.01

「勝つより負けるほうがいい」絵と文字を組み合わせた作家の田家阿希雄さんという方が描いた作品が家の玄関に飾ってある。もう20年近く前のこと、ギャラリーを経営していた知人のところに顔を出した時、たまたまその方の個展最終日で、打ち上げパーティーをしている真っ最中だった。机の上にはお酒やおつまみがところ狭しと並び、壁には売約済の印がついた絵がずらりと並んでいた。やわらかい水墨調の絵からパステル画や油絵と、素人目にも楽しませる作品ばかりで、しばらく見入っていた覚えがある。と、先の作品が目に飛び込んできたのだった。血気盛んな年令だったから、なぜ負ける方がいいのか。ほろ酔い気分も手伝って、その絵をゆび指しながら、お酒の入ったグラスを片手に理由を迫った。そんな若気の失礼な態度を察してか、その方はさらに温顔な表情になって、腕組みしていた手を解きながら、人の痛みが分かるからじゃあないかな。と静かに話された。
 先月の下旬、父親のようにお慕いしていた恩師が亡くなった。80歳をすぎても背筋がピンと真っ直ぐな方だった。進行の早い胃癌だったため、ささやかな時間しかお供が出来なかったのが悔やまれた。だれでも人生に浮き沈みはつきものだが、一番辛かった時に、拾われてお世話になったと思っている。はじめてお会いした時に、以前は会社を経営して、従業員も使っていたが、つまずいて一人になったんだよ。世の中には、成功と失敗の二つしかないように言われているが、そんな簡単に片付けられるものではない。成功している人だって、その家庭がうまくいかなかったり、心が不幸な人はいっぱいいるよ。一人前というのは、人の痛みが分かることだ。失敗したから分かるんだよ。と、にこやかに話されたのが昨日のようである。
 今日も変わらない表情の絵を眺めては、自分の戒めにと深く刻むのだが、なかなか難しいことですねと、恩師に問えば、口癖のように言っていた言葉が返ってきた気がした。
ご苦労さん・・と。

トイレ考察2007.10.01

 毎月のネタ探しに事欠く。そして思いあたるとどうしてもトイレの小さな空間の話題から今月も離れそうにない。4月に新店舗がオープンして、いつの頃からかトイレ掃除をやる羽目となった。やる羽目としたのも、自らすすんでのことではなかった。しかもトイレには掃除の仕方があると言う。何が仕方だと思いながらも掃除のプロと他称する当店の店長に指導を仰いで、一通り掃除の仕方を教わったのだった。
 始めのうちこそ気乗りしなかったが、次第に汚れの原因の多くが、男性側にあることがわかってきた。男性側からしてみると、決して汚しているつもりはない。注意しても小便が飛散するのである。いつか見た番組で、トイレを汚すから男性も座って用足ししてほしい。と主婦が主張していたのに対して、立小便は男性に生まれた特権だと劣勢のなか主張する男性軍を思い出した。しかし今、逆の立場に立って掃除をする側になってみると、その主婦の主張はごもっともと思うのである。飛散する場所は、意外にも便器周辺に及び、便器内に飛散した尿石が付着すると取れにくく、便座を上げた部分の奥までしっかりと拭き取らないと、悪臭の原因にもなるし、座って用をする人に、不潔極まりないのだ。
 ついつい、目線は自分中心となりやすい。その目線からでは、なかなか得るものが入ってこないようである。難しいことだが、立場を変えてみれば、今までの固定概念が消えるように、見える視界までが変わってくるのではないだろうか。 かれこれ4ヶ月ほどトイレ掃除は続いている。このトイレという小さな空間の掃除は、気分転換と、軽い運動として程よい日課となった。最近は、先に言ったような責任が男性側にあるとも思わなくなっている。だれの目線でトイレを選ぶかである。洋式トイレは女性の目線で作られたものだと感じるが、踏ん張る必要がなく、座って用足しできるので、腰の悪い方や高齢者にやさしい。店では、圧倒的に女性の方が多いから、選択は間違っていなかっただろう。一方の和式トイレは、減少する一方だが、最近の子どもたちの関節が硬くなっていて骨折しやすいという一般的な状況から、ストレッチ運動のひとつとしてしゃがむことも必要であろうという配慮で選択されるケースが増えているという。踏ん張る姿勢は、蹲踞(そんきょ)といって、腰の強さを作るからだ。 以前、バリアフリーではなく、バリアありーの提唱をしているラジオ番組の内容を取り上げたことがある。バリアフリー(障害のない生活)が、健全な機能まで退化させてしまったために、ちょっとした段差につまずいて転倒する高齢者が増えているからだ。
 目線の置き方は難しいが、快適、便利な生活か、多少不自由でも日常で繰り返すことが出来る鍛錬か、長い目線で見ることも、大切な要因として考えたいものである。

五ヶ月経って2007.09.01

朝の空気は、はや秋の訪れを感じさせます。厳しかった暑さも峠を越え、季節はいつしか移り変わっているようです。月日の経つのは早いもので、移転してからもう5ヶ月が経ちました。わき目も振らずに走り続けている時は分からなかった目の前の景色も、うっすら分かり始めた頃です。
この度、皆さまに大きな変更を2点お知らせさせて頂くことになりました。一つは、下記の喫茶コーナーからのお知らせです。オーガニックランチをご提供し始めて7年が経ちました。皆さまから大変ご好評いただいていたのですが、しばらくそのランチをお休みすることに致しました。手づくりケーキなどの軽食メニューに限らせて頂きます。また、その代わりにお弁当やお惣菜を、店内で販売させいていただきます。もう1点は、毎週水曜日も休まず営業することに致しました。野菜や生鮮類も、今後ますます充実させていきたいと思っておりますので何卒今後ともよろしくお願い申し上げます。

喫茶コーナーからのお知らせ・・・・・・・・・・・・・
喫茶コーナーのランチを9月からお休みさせて頂きます。北区のお店の頃からたくさんのお客様にご利用していただきまして、ほんとうに感謝の気持ちでいっぱいです。お客様からは、「今までありがとう」「週1日でも作ってくれない」とのお声をいただいて、嬉しくてがんばってきてよかったと思いました。今でも心が揺れるのですが、しばらくお休みして、軽食を中心にしたメニューとさせていただきます。
 喫茶コーナーでは、軽食や飲み物、ケーキなどをご用意しております。一番のおすすめは、有機栽培のコーヒー豆を生豆の状態から焙煎してできあがる体にやさしいコーヒーです。お客様の間でも、このコーヒーなら飲めるわ、と言って下さる方も多いです。
 これからも喫茶の空間を、ゆったりお話しできたり、ちょっと休憩できる場所としてご利用していただきたいと思っています。売り場でお弁当やパンなどをお買い上げいただいて、喫茶で生豆コーヒーとご一緒にといった気軽なご利用でもお使いください。

腸内洗浄2007.08.01

 先月の記事を見た方からさまざまな反響を頂いた。ご自分の体験をお話ししてくださった方や、相談に行ってはいけないところを教えて頂いたり、お尻の近くにたまる汚血を出すと楽になることや、よく効く薬の話しなどなど。また、あれは俺のことかと、知人から久しぶりに連絡を頂いたりもした。参考になったという声もいただくなど、今となってはいい体験をしたと思っている。
 その続きではないが、この機会に腸内清掃をしようと決心した。なぜ、決心かというと、当店で取扱っている洗腸キットがある。これは約70年ほど前にゲルソン医学博士が食事を変える事によってガンを退縮させたり、再発を予防するための治療法として、コーヒーで洗腸することによって腸全体の働きを正常に戻し、発生させないことを主眼として考え出されたもので、それを家庭で簡単に出来るようにしたものだ。それをお客様にすすめておきながら、自分ではなかなか気乗りせずにやっていなかったからだ。そこで腸内洗腸キット(コロンキット)を使ってみた。 専用の缶コーヒー1缶に水をあわせて800cc程にして人肌くらいに温める。(体内に入れるので、浄水した水を使い、水温を36~38℃くらいに設定) 点滴のような袋を頭上にかけ、そこからのびるホースの先端を挿入するのが難所だが、これが以外とスムーズに入った。そしていよいよ液止めのクリップをはずしたところ、頭上にある点滴のような液がみるみる腸の中へ吸い込まれていった。一方で体の方は何も感じないから不思議だったが、注入し終えた下腹部が妊婦さんのように膨らんでいるのを見て、ようやく全部の液が入ったのを実感した。洗腸するとお腹が引っ込むと聞いて少しは期待したが、排泄し終えて腹周りををまじまじ見たが、そう変わらないことに多少がっかりした。それよりあまりにも簡単に洗腸できたのに驚いた。そして体と頭はすっきりとして、視界が明るくなった気がしたのだ。これはちょっと続けてみたい気がする。 腸には重金属や農薬、薬、食品添加物などが最もたまりやすく、便通が良くても、ある程度は腸壁や腸のヒダに汚れや食べカスが残っているそうだ。便通の悪い方や、薬を常用した方など、体調が優れない方は、一度お試ししてみてはいかがだろう。

突然襲った痛み2007.07.01

 今年は移転という大きな節目を経ましたが、多くの方々に励まされながら、おかげをもちまして16周年の7月17日開店日を迎えることが出来そうです。スタッフ一同心から感謝申し上げます。

 「症状即療法」という言葉がある。この言葉は西式健康法という健康医学を提唱した西勝造氏が唱えたものだ。熱が出るのは体に有害な細菌などが入った事に対して体が熱を発生し、細菌を退治する作用であるように、病気の症状は、病気と闘っている体の自然の反応、つまり、“療法”であり、生体に備わっている自然治癒力が充分に働くようすることが大切だと語っている。 頭では理解できるが、実際に、病院にも行かずに症状が自分を治すのを待てる人はどれくらいいるだろうか。ふと、疑問を感じた事件が自分の体で起きた。5年前の改装のときに無理をしてギックリ腰をしてしまったが、今回は移転して2ヶ月ほど経った先月のはじめのこと、思わぬ出来事が自分の身を襲った。排便の際に、鋭い痛みを感じたことが悪夢の始まりだった。恐る恐る患部を触ってみると、大きなしこりが肛門の口を塞ぐようにできている。「痔」?=「手術」?。数年前、痔の手術をして入院した友人を笑いながら見舞った記憶が脳裏を横切った。冷静になって現在の様子を調べた。それは内側ではなく、外側に出来ていることからどうも外痔核らしい。そして古い記憶に、病院関係者から聞いた話しを思い出した。ウォシュレットの普及とともに、痔を患う患者さんが増えているということだ。それは一つにその水に含まれる塩素が原因とされるとことだった。新しい環境で、変化したものの一つが、お店で使うトイレが和式から洋式に変わったことである。それからあえて改善するまでそれを使わないようにしてみた。そして口内炎にも良いとされるシルクモアという軟膏を患部にぬり、抗菌性の強い大豆の力という安全な抗菌・消臭剤で清潔に保つようにした。翌日は、腫れがより大きくなり、屈むのに冷や汗が出るほど痛い。これは病院に行ったほうがいいかと思ったが、一週間は頑張ってみようと思い直し、その繰り返しをした。その2日後のこと。急に歩くのが楽になった。屈んでも痛くない。ひょっとして上手くいったのか?と思いながら、その夜、風呂場で患部を触ってみると、あれほど腫れていたできものが、小さく、しかもやわらかくなっていた。数日後、患部は全く異常がなくなった。偶然の処置方法が良かったのか、症状が治したのかは分からない。ただ、体の反応に気づき、それに協力することの大切さを実感した貴重な経験となった。書くのを躊躇した話しだが、体の変調は、いつ、だれに襲ってくるか分からないものだ。いつか役に立つことがあるかもしれないと思い、書き留めた次第である。

手作り食品2007.06.01

毎年、ラッキョウや、梅の予約が入るこの時期になると思い出すことがある。農作物入荷のご連絡が遅れて大変お客様に叱られたことだ。より新鮮なものを漬け込みたいというお気持ちに答えられなかった。悔やんでも、毎年一回しかめぐってこない機会を逃してしまったのである。
年に一度しか出ない作物は、その時期を逃すと手に入りにくい。ましてや無農薬で手間をかけて作っている生産者のものは、余計そうだろう。そして今年もそれを待ってくださる方に、不手際がないようにしたいと思っている。そんな年間行事になっている数少ない手作り食品の主役が今月やってくる。
 古くから「塩梅」という言葉があるが、最近は滅多に聞かれなくなった。塩味と酸味で調理するといい味加減になるという意味で、ほどよい加減のことをいうのだが、その言葉が死語になりつつあるように、手間がかかるこのような手作り食品も、そのうち家庭の年間行事からはずされてしまう日が近いかもしれない。手塩にかけた手作りのものを味わうことが、近い将来、本当の贅沢品となるのだろう。
前の10件 8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18