ヘルシングあい便り

1

田植えを終えて2017.06.01

   米作りをはじめて5年目の今年は、何時になく賑やかな田植えとなりました。田んぼを起こすことから始めたご家族と、そのお友達も田植え初参加、そしてハワイからお越しの菅原真樹さんは、午後からのお話し会前にも関わらず、田植えは神事ですからと言って前日入りしてご参加下さいました。そして、もともと耕作放棄地だったこの場所を、里山を蘇らしたいとも思いから開墾された名城大学の小池先生のゼミの生徒もかけつけました。私たちの主食であるお米、そのお米が長い年月を経て私たちの肉体と精神を形つくってきました。そしてそのお米を取り巻く環境に、大きな自然の恩恵を感じます。その目に見えない力が、私たちを引きつけているような気がします。
   昨年は、田起しの最中に腰を痛め、2枚の田んぼをやっとの思いで仕上げたのですが、今年はまだ済んでない方々の田んぼまで手伝うほど体調はよい状態をキープしています。腰を痛めた後、夏には膝を痛め、肉体的には反省の一年でした。そこで、一体自分に何が不足しているのかをずっと考えながら、時にはメンズヨガに通い、ジョギングを無理のないウォーキングに変えたりするなど試行錯誤を繰り返していた時、お客様から教えていただいたのがバレエ。まさかこの年令でしかも男でバレエ?と思っては見たものの、先入観で判断せず、せめて体験だけでもと行ってみました。そうしたらこれが見てる世界とは真逆な世界。全身の骨格、特に骨盤から足の爪先を動かすのに、自分の体でも言う事聞かない。息は上がってくるし筋肉の疲労感は全身を覆ってきます。とてもじゃないけど笑って演技なんてできることがアンビリーバブル。その上先生からは、「あなたは扁平足ね。このままだと前に重心が偏るから怪我をしますよ。」と言われて、そのための靴を履いて更生してるつもりなんですが、と返すと、「頼っちゃダメ!そこに意識して足全体に重心がかかるように心がけなさい。」健康のために依存はいけないとはいつも自分が言ってること。そんな自分が頼ってたことに気付かされた一日となりました。それからはや数ヶ月経ち、扁平足の感覚は感じなくなるくらい小指まで力が入りだしました。何よりスタッフからは姿勢が良くなったと評価され、これほど嬉しいことはないくらい。そう言われてみると、田起こししている時も、姿勢を気にしている。気にすることを意識できるようになったというのが大きな収穫のようです。
 今回のバレエの貴重な体験で、20代の頃に糸川英夫さんの講演を聞きに三重県まで行ったことを思い出しました。なぜなら、糸川英夫さんも60歳でバレエを初めて70歳の時に舞台に上がったのです。その時の印象に残った言葉は、今でも忘れません。それは次のような内容でした。
 「誰もはじめっから天才なんていません。新聞紙一枚一枚の毎日の努力の積み重ねです。その一枚一枚の努力が積み重なって、いつの日か、頭よりも上に足をあげられるようになるんです。」

taue.jpg

タマシイノヒトシズク2017.05.01

 今朝の朝刊で、リニアの南アルプストンネル工事が始まったことを知りました。いよいよJRによる自然破壊工事が本格化したことを意味します。単なる自然破壊では収まりません。過去数億年続いてきた自然の営みを断ち切ることを意味します。地下には無数の水脈が走っています。その水脈から無数の毛細血管のような植物の根が何千メートルも命の水を吸い上げています。天からの雨と地下水が混ざりあったヒトシズクがやがて大きな川になります。私たちをはじめ多くの生物がその命の恵みをいただいています。そんな大きな営みを東西に渡って無残にも断ち切るものです。
 虚脱感を感じながら店に着くと、ポストに頼んであった一冊の本が届いていました。今年の1月に豊川で行われたイベントでお話しをされた菅原真樹さんの写真集「タマシイノヒトシズク」でした。海の生物たちに脅威を与えないよう写真はすべて素潜りで撮影するそうです。何と水深100mでの撮影さえあります。水泳部だった私ですが、瑞穂競技場で5メートル潜るだけでも水圧で耳や頭が痛くなって大変でしたし、呼吸が続きません。100m泳ぐだけでも息が上がるのに、それを潜って上がってくると倍の200mです。まさに写真一枚一枚に生物の呼吸を感じ、圧倒されてしまいました。その菅原真樹さんが今月の28日に、当店にもお越しくだって、お話会をさせていただくことになっています。ハワイ王族の代々大切にしてきたKalokoの森が別荘地として注目され、森林が伐採されて行く中で、Kaloko森トラストプロジェクトを立ち上げ、銀行からの融資を受けるために何軒も頼みにまわり、そしてついにその森の買収の3日前に融資をする銀行が現れ、森の土地の売買、破壊から守った方です。一人一人がやれることがある。それを前回のお話会で教えていただいた気がします。カフェスペースでのお話会を予定しています。人数に限りがありますので、お早目のご予約をお願い致します。

「ハワイの海岸に、アジアから大量に押し寄せる不法投棄のゴミの山。
人並みごとに砕かれた色とりどりのプラスチックが砂浜に運ばれ、
カニや小魚の命を奪う。ゴニを飲み込んだ親鳥が、産まれたばかり
の雛の前で、力なく倒れて空を見つめる。
彼らが未来に子孫を出来るかどうかは、我々人間の心次第である。」
           ~写真集・タマシイノヒトシズクより~

菅原真樹さんプロフィール・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
琉球空手を小学二年より学ぶ。武道から潜在能力を引き出すトレーニングメソッドで日本フリーダイビング女子チャンピオンを育てる。その後、日本ナショナルチーム監督就任、2002年世界選手権でアジア初の男女共総合銅、銀に貢献する。2004年、ハワイ島のフアラライ山麓のカロコの森と関わる。森の土地の売買、破壊からまもり、この森をハワイの土地に戻すことを目標とした、森や海の力に触れて静養、リハビリができる宿泊施設「Kaloko House」を主宰。

森 in 森 イベントを終えて2017.04.01

 季節はゆっくりと春めいてきました。三寒四温の緩やかな移り変わりは、人間の症状に例えると、瞑眩反応(不要なものが排出され、それに伴う様々な症状。 一見副作用と思われる不快な症状のこと。好転反応)のように、体の毒出しをしながら徐々に回復する様子にも思えてきます。そんな季節の移ろいは、私たちが自然と切り離せない存在であることを感じさせるとともに、普段、その自然の呼吸を感じながら生活していることを実感させてくれます。大きな視野で見れば、大気の循環が巡り巡って幾千年の時を経ながら、この地球上に生存を許されている貴重な一瞬を謳歌しているのかもしれません。
 その大自然から学び、敬い、生活を営んできたのがこの国の生業だったはずです。それを証拠に、私たちの周りには、今でも千年以上にも渡って神社等で続けられている行事が数多く残っています。しかし、それがたった百年という人の一生ほどの短いスパンで、大きく生活が様変わりしました。経済が一点に集中し、人の流れもそれに伴い各都心に流出しました。大きな経済の波は、日本中を飲み込んで行ったのです。その結果、山間部や不便な地域の過疎化や高齢化で、山は荒れ、田畑等の耕作放棄地は全国で27万ha。何と東京都をはるかに超える面積に匹敵します。我が国を支えてきた第一次産業である農業・林業・水産業の衰退、担い手不足により、その土地や権利の所有者の多くが、それを手放さなくてはならなくなりました。その結果、生命を産み出す貴重な山々や海が、公共事業という名の下に、道路や橋、ダムへと変貌を遂げつつあります。
 私たちは毎日、誰もが水や食べ物をとって生命を維持しています。その水や食べ物とは一体どこから来るのでしょうか。水は上水道から運ばれてくるわけではありません。山に降った雨が多くの樹木の保水力によって徐々に地下深く浸透し、鉱物やさまざまな地層を通る間に自然ろ過され、その間に多くのミネラル分を含んだ生きた水となり、それが河川へと流れ、その恩恵を頂いているのです。魚にしても工場で作られて運ばれてくるわけではありませんね。かけがえのない海や川に生息しているのです。お米や野菜にしても同じことです。その土壌や川や海が、農薬や廃棄物、建設による影響で汚染されてしまえば、私たちの身に返ってくるのです。どこのスーパーや百貨店に行っても沢山の食材や惣菜が所狭しと山積みされています。無尽蔵に食物が手に入るような錯覚を起こしがちです。しかし、それらの食物の大半が海外から輸入されているのです。しかも、せっかく輸入までした食物を含めて1900万トンを廃棄しているのです。これは世界の7000万人が1年間食べていける量だといいます。これだけ豊かな環境で暮らしながら、未来を産み出す第一次産業を衰退させている国民のやることでしょうか。ちょっと立ち止まって考える時期ではないでしょうか。ひょっとするともう遅すぎるかもしれません。
 これ以上、無益な環境を破壊しては私たちも、共存できなくなるでしょう。それにはやはり、自然に触れる機会を作らないといけません。そんな思いから今回のイベントを開催させていただきました。日程の変更等があって、先月のお便りで十分なご案内ができなかったことをご容赦下さい。
 設楽ダムの立木トラストも引き続き継続しています。当店で事務手続きの代行をしていますので、お気軽にお声掛け下さい。なお、設楽ダム建設事業からの撤退を求める署名も同封しました。是非、皆さまのお声を県に届けてくださいますようお願い致します。

小さな一人でも2017.02.01

 ある女性がフェイスブック上にアップしたイベント「ハワイの森を守った菅原真樹さんと。設楽ダム、私達に参加できる立木トラストって」が気になって、先月の中頃、豊川まで行ってきました。
 そこで話されたのがハワイ島に住むプロの写真家で潜水プロガイドの菅原真樹さんという男性でした。ハワイ王族の代々大切にしてきたKalokoの森が別荘地として注目され、森林が伐採されて行く中で、Kaloko森トラストプロジェクトを立ち上げ、銀行からの融資を受けるために何軒も頼みにまわったそうです。そしてついにその森の買収の3日前に融資をする銀行が現れ、森の土地の売買、破壊からまもることができたそうです。(その森をハワイの土地に戻すことを目標とした、森や海の力に触れて静養、リハビリができる宿泊施設「Kaloko House」を現在主宰している。)
 もう4年ほど前になりますが、設楽ダム公開講座が愛知県の主催で開かれ、全然9回のうち、7回参加しました。そこで分かったことが、設楽ダムとは水道用水と農業用水の治水目的で40年ほど前に建設計画が持ち上がったものの、2002年に豊川総合用水事業が完成して、それらの目的が必要なくなってしまい、用途を「流水の正常な機能の維持」目的?に変更したのです。簡単に言えば、川が渇れないためにダムに水を貯めておくということです。9800万m3という膨大な量の水を山の上に蓄え、しかもそのために3000億円が使われるのです。必要のない事業に、それだけのお金が使われるだけではありません。上流の自然が破壊されるのです。しかも設楽ダムができれば、その下流域には六条潟という世界でも有数な数少ない干潟があります。国産のあさりの大半を占める稚貝が育つ場所が、ダムで堰き止められて土砂の供給が減るために大きな影響が出るでしょう。二枚貝は、有害なバクテリアや有毒な化学物質などの汚染物を濾過してくれる自然界の浄水器のような存在です。そんな貴重な種を絶滅させれば、私たちの生活環境はますます厳しくなることでしょう。2年前に、ダムの現状を下流域に住んでいる私たちも考える機会を作れないかと思い、不必要なダムを取り壊しているアメリカで作成された映画「ダムネーション」を主催しました。実際に設楽町に住んでいる方にもお越しいただき、生の声を聞くことができました。しかしそれを次に続けていくことができませんでした。
 今回、このイベントに参加させていただき、一人は小さな力ですが、出来ることがあることに改めて気付かせてもらいました。たった一人からでも始められること。それはダムに反対している周辺の山主さんの立木トラストに参加することです。今までに3500ほどの賛同者が集まっているそうです。これを今年5000という数字にのせたい。この数字自体が大きな声になると弁護士さんにもうかがいました。今回のお便りに、立木トラストへの参加呼びかけの用紙4枚同封させていただきました。賛同いただける方は、是非署名いただき、お申し込み下さい。
 当店では、この申込書をまとめて事務局へ送付する作業と、代金の振込みを代行いたします。ご希望の方は当店まで、書類とトラストにかかる費用、およびカンパ等をお持ち下さい。
 「変革は、弱いところ、小さいところ、遠いところから」という清水義晴氏の書籍があります。社会の小さな一人という一つの点、どこにでもありそうな点でも、そんな点から変革は始まったと言います。まだまだ小さな点が点在しているだけかもしれませんが、それが線になり、面になることを祈念しています。

少食こそ正食2017.01.01

 ここ数年、鼻炎の相談を持ちかけられることが多くなった。若い方から高齢の方まで、その症状はさまざまである。しかしそれらの原因は、自分の体験上、パン食、甘いものや乳製品、お菓子などといった高カロリーなものを間食していて、しかも運動不足な方に多いと思っている。そういうものを食べていた頃はよく耳鼻咽喉科に通った記憶がある。体質なのかと思っていたが、水泳をやるようになってからは全く症状がなくなった。運動するから腹が空く。毎朝のパン食からご飯になったのがその頃だった。しかし今でも食べ過ぎたり飲み過ぎると鼻の通りが悪くなる。そんな体験を説明しながら、とりあえず朝食だけでも抜いてみたらどうかと都度お伝えしてきた。中には実行したらすぐ良くなったとご報告に来てくださるお客様や便通まで良くなったと言う方までいた。乳製品を極力やめて朝食抜きにした方は蓄膿症さえ改善されたそうだ。いかに日頃のちょっとした食生活が、私たちの体に絶えず影響を与えているかがわかる。ちなみに鼻という漢字、もともと自分の「自」だったとか。「目」の「ノ」が先を表しているとのこと。なるほど匂いは敏感に脳に影響を与える。目で見ているより匂いのほうが本能的なことは確かだ。自分を守るために絶えずセンサーを働かせているのが鼻の役割とすれば、鼻炎とは何らかの原因で起こった症状である。それを対症療法で楽して治そうと思っても所詮無理な相談なのだ。
 西式健康法では、症状即療法という言葉がある。今の話しでいえば、鼻炎により鼻水が止まらないなどの症状は、からだが不必要なものを排泄しようとする働きであると捉える。だから、その症状を感じて身体の手助けをしてあげること。つまり朝食を抜いたことで、過剰に体に入っていたものがストップし、その症状が改善されたということになる。自分自身の体の声をもっと聞いて、その手助けさえすれば、健やかな体を維持できるということを教えてくれる格言的な言葉である。
 少食というと、腹8分目に病なし。そんなことは分かっていても中々実行に移すのは難しい。しかしいつまでも若々しく健やかでいたいのは誰もが考える事。それを毎日の少しの努力で可能にすることができる。英語でbreakfastといえば「断食」の状態を「破る」という意味。3食きっちり食べだしたのはまだまだここ最近のことである。食事の量のとり過ぎに、意識を傾けてみては如何だろうか。朝食抜きにすれば、一回の量は同じでも、一食分少なくなるのでこれもまた少食には違いない。
午前4時~正午 排泄のサイクル(体内の老廃物と食物カスの排出の時間帯)
正午~午後8時 摂取と消化のサイクル(食べることと消化の時間帯)
午後8時~午前4時 吸収と利用のサイクル(からだへの同化の時間帯)
つまり食事は、正午から午後8時までの間に2食摂るのが理想である。
 酉年の酉は、ニワトリを指す言葉。人に時を報せる動物。酉の本来の読み方は「ゆう」と読み、口の細い酒壺を描いたもの。収穫した作物から酒を抽出するという意味や、熟した果実を収穫できる状態である事から「実る」を表す。
良いことも悪いことも、実り成就する年のようです。
新しい年を迎えるにあたり、皆様のますますのご健康をお祈りの申し上げます。

参考著書:西勝造著「二食主義健康法」

1