ヘルシングあい便り

生きているだけで、いいんじゃない2009.02.05

気温が一気に氷点下となった一月下旬、体を動かしたくなって店を出た。吐く息が、昇る太陽の光で煙のように吹き上がる。ふと名古屋城の外堀まで足を伸ばしてみたくなった。池を眺めながら歩いていると、頭とは裏腹に、慢性的な運動不足を体は知っていて、先へ先へと進みたがる。とうとうお城をぐるっと一周しようとしていた。顔に当たる冷気を感じながら真近になった池に目をやると、薄氷が一面に広がり、一層寒さを演出しているようだった。そばには大小数匹のカモが整然と泳ぎ、空にも凍てつく寒さの中を無数の鳥が縦横に飛んでいる。四季は移り変わるが、これらは変わらぬ毎朝の光景なのだろう。自然界の生き物たちに休みなどないからだ。季節に合わせて身づくろいをしたら、寒暖はげしい中でも着たきりすずめで、風邪で寝込むこともできないのである。このごく自然な視野に、最近読んだ一冊の本は、焦点を合わせてくれたようである。
 その本とは、お客様が借して下さった「生きているだけで、いいんじゃない」である。この題名は著者のお母さんの口癖だったそうだ。何とも心が和む言葉である。20年以上にわたってマクロビオティックを実践してきた著者が、父のお墓の近くに見付けた広大な土地に家族で移り住み、ブラウンズフィールドと名づけ、大自然を舞台に繰り広げる、愛と笑いと涙のエッセイ集である。読みながら、時折子どもの頃に見た「大草原の小さな家」の淡い記憶と重なった。家族協力してのロフト作りから米つくり、毎日そのものがアドベンチャーである。四季の移り変わり、生命の営み、生きるためのエッセンスが至るところに満ち溢れている。自然の中で、生き物が毎日の糧を探すように、健康というごく当たり前なことが大前提で、それから何をするべきか、分かった人だけが持つ本当の自由な姿がここにあった。
 著者は中島デコさんである。大変光栄なことに、当店で2日間、料理教室をしていただくことになった。この便りがつく頃には終わっているころだろうが、岡山や遠方からも駆けつける人もあって、早々に予約でいっぱいになった。料理もさることながら、その人柄にふれることが今、何よりの楽しみである。こんな機会をもっと作っていきたいと思っている。

「生きているだけで、いいんじゃない」中島デコ著

炊煙2009.01.01

 北区から移転してこちらであわただしくオープンしたのが昨年の4月始め。干支(亥)のように猛進して、あっという間に新年を迎えましたが、無事に年越しができたのも、皆さまの日頃の温かいご支援のおかげです。深く御礼申し上げます。そして本年もよろしくお願い申し上げます。
 
 ある番組で、年金や薬害肝炎などの問題に触れ、竹村健一がこんなことを言っていた。今、内閣を襲っているのは国難である。昭和の初期の不況時、公務員の給料を1割のカットして乗り切ったことがある。又、古くは仁徳天皇の時代に、疲弊にあえぐ民に対して、宮中はぜいたくを抑えた。やがて民のかまどから炊煙が上がるようにようになった。政府にも、省庁にも理屈は色々あるだろうが、ごちゃごちゃ言わないで早急に救済すべきだ。といった内容だった。
 禅語に、似た風景を語ったものがある。肝心の言葉が思い出せないが、その言葉の意味は、朝もやの中を、かまどに火を入れ、やがて立ち昇る炊煙が一筋二筋と増えていく。毎日の平和な朝食の風景だ。それは次の日もまた次の日も繰り返される。平穏な静かな一日の始まりを顕し、その日その日の無事を感謝するということだと教えて頂いた。その炊煙が立ち昇っていないことに気づいて租税を免除し、その間は倹約のために宮殿の屋根の茅さえ葺き替えなかったという仁徳天皇の逸話は、時代と風景こそ異なっているが、味わい深い話しではないだろうか。きっと、美しい国というのは、本来そういうものを表すのだろう。
 肝心の禅語の言葉を思い出せずに焦りが出始めた。しかし、いろいろ調べていたら、新年にふさわしい言葉にたどり着いたので、代用して明記させて頂きたい。
 洗心・・心機一転する正月に、洗心し、記憶や思いを投げ捨てれば、心は自ずと新たになる。正月とは、もともと修正する月である。
 今年一年が、いつも平穏な風景でありますよう心からお祈り申し上げます。