ヘルシングあい便り

1

ちょっと一服しましょ2003.12.01

例年より遅い紅葉が、ようやく町を色づきはじめました。陽気は冬を感じさせないのに、年の瀬はゆっくりと近づいてきます。四季を感じることが薄れる分だけ、一年のスピードが速くなっているように感じます。
自分でもよく飽きないなと思いながら見る映画に寅さんがあります。先日もテレビで放映しているのを何気なく見ながらいつもと同じ結末までついつい付き合ってしまうのですが、こういう話しを翌日スタッフにすると決まってバカにされています。
「男はつらいよ」は、1969年のいざなぎ景気の時が第一作目。当時を象徴する日本列島改造論から逆行するように、寅さんのゆったりとした歩幅は長い年月をかけて日本中を駆け巡ったことになります。高度成長から次第に失われていく町並み、下町の人情を映画に刻み込んで言ったことがいまでも多くのファンを釘付けにしているのだと思います。
その時代が抱える問題を織り交ぜながら、それを飲み込んで生き方を通していくというのは本当の意味での自由人なのかもしれません。この正反対の生き方がある種の憧れなのでしょうか。
今の時代、大店舗の波はますます大きくなっています。一日楽しく遊べて買い物ができるレジャー並みの店舗に人の波は吸収されていき、逆に、地域の商店街はどんどん閑散とし、町並みはまったく変わりはて、行き交う人間関係はますます乏しいものとなり、個人はますます孤立化をたどっていきます。孤立化は益々進み、同様に犯罪は増加の一途をたどっていきます。複雑と思われる問題は、一面で監視してくれる周りのやさしい目がなくなったからではないでしょうか。
「おい少年!」暗い影を持つものにやさしく声をかける寅さんのような柴又の町並みが消えていくことで、物の豊かさを得た半面、心の豊かさが失われつつあります。経済大国であり、反面、自殺大国の汚名をきせられているわが国は、今度は、世界で一番安全な国から危険な国へと変貌しています。「時代の波に乗れないことは悪いことではない。本来の人間の姿を見失うことこそ問題」と語る山田洋次さんの思いがこめられた映画「男はつらいよ」を年越しに見て、一息ついてみませんか

『小諸なる古城のほとり 雲白く遊子悲しむ
緑なすはこべは萌えず 若草もしくによしなし
しろがねの衾の岡辺 日に溶けて淡雪流る
あたゝかき光はあれど 野に満つる香も知らず
浅くのみ春は霞みて 麦の色はづかに青し
旅人の群はいくつか 畠中の道を急ぎぬ
暮れ行けば浅間も見えず 歌哀し佐久の草笛
千曲川いざよふ波の 岸近き宿にのぼりつ
濁り酒濁れる飲みて』     島崎 藤村


電子レンジは便利!?2003.10.01

新聞の朝刊に電子レンジの記事が掲載されていた。容器から溶出する危険物質が人体に悪影響するというものだ。今や一家に一台あるのではないかと思われる電子レンジ。コンビニで料理を温めて出すことはよくあることだが、NHKの料理番組でも、料理研究家が不安もなく「チン!」とやる時代だ。簡単便利はいいけれど、ある一方ではこんな記録があることを知っておいていいのでは。(以降記事引用)
アメリカのスタンフォード大の医者と研究者のチームは、電子レンジが免疫に大きなダメージを与えることを確認し、Pediatrics(小児科学)という専門誌に発表しています。以来この研究チームの者は自宅でも電子レンジを使わなくなったといいます。スイスの学者ハンス・ヘルテル博士は、スイス連邦技術研究所や大学の生化学研究所の学者達8人のチームで電子レンジの食物に与える影響を調べ、「電子レンジは食物の栄養成分にダメージを与え、それを食べた人の血液にも悪い影響を与える」と指摘しています。血液中の変化としてはヘモグロビンの減少、悪玉コレステロールの増加などが起きるといいます。電子レンジは1秒間に10~1000億回も電磁波の極を変えることで、食物中の分子を目まぐるしくかき回します。これが超スピード料理の秘密ですが、分子をかき回すことで食物の栄養成分が変化してしまわないわけがなく、それがスタンフォード大チームやヘルテル博士が指摘していることに他なりません。
水と、電子レンジとストーブで沸騰させてから冷ました水とで、モヤシの発芽実験をしたところ、ストーブで沸かして冷ました水も全く沸かさない水も数日で87.5%の発芽率と両者に違いはありませんでした。しかし、電子レンジで沸かして冷ました水は25%しか発芽せず、根と根毛の生え方にも大差が出たといいます。
第二次世界大戦中、ドイツが戦争を有利にするため、調理時間を短縮する事により機動力が増すという目的で研究開発された電子レンジ。それが今や料理の主役になっています。
敵は本能寺にありと唱えた織田信長。病気の原因は、意外にも身近にひそんでいるのかもしれません。食生活を含めて、今一度見直してみたい問題ではないでしょうか。

参考資料:今村光一著「月刊ヘルスレター」


百匹目のサル2003.09.01

百匹目のサル。ある現象が一定量を越えると、一気に他の者たちに広がる現象を言うその言葉は、ライアル・ワトソンという学者が、宮崎県最南部にある幸島のニホンザルがある行動を起こしてその行動が広まったことから名づけられたそうです。その行動を見た第一発見者は、子猿がイモを水辺で転がして遊んでいるのかと思ったといいます。しかしその行動こそ、泥つきの芋を洗って食べる不可思議な行動だったわけですが、その習慣がだんだん広がり、6年たつと島のほとんどのサルたちが芋を洗って食べるようになったというのです。このイモ洗い行動はサルによる文化の創造として世界的に有名になったのですが、もっと驚くことに幸島独自の文化と思われていたイモ洗いは海を越えて大分県の高崎山自然動物園でも自然発生したのです。
一方イギリスのBBC放送は、「クロスワードパズル」の実験でこれと同じような現象を報告しています。一見すると何が描いてあるかわからないな図柄を、見た人々が認識できるかどうかという実験を行ったところ、その正解率は、その絵をテレビで放映し、答えも教えたことで何百万人もの人がこの絵を見た後、まだこの絵を知らない人に絵を認識させると、今度は正答率が上がっていたというものです。
ここで、正解率が高いのは「正解」の意識が解答しようとしている人たちに伝わるからという仮説〔シェルドレイクの仮説〕を立証したものでした。2つの事例は、ある意味で集団の意識が社会を変えるという可能性を含んでいます。世情不安が生み出すテロや犯罪の増加は、そうした不安の連鎖が引き起こしている要因の一つとしてとして考えるなら、その連鎖はエスカレートの一途をたどるように思われます。しかし、逆の意識として世情を捉え、連鎖を断ち切ることも可能なはずです。犯罪を起こす影に潜む食生活。幼児期からジャンクフードに慣れ親しまされ、低血糖症で精神的に混乱をきたす事例が増加の一途をたどっていますが、一方で日本の食文化に光が当てられ、玄米食や郷土料理が復興しつつあります。食生活の改善による意識の更正が大きな変化を与えるかもしれません。
今から三百年前に著された『養生訓』の中で貝原益軒が次のように喝破しています。「飲む水や食物はよく選べ、それによっては人の天性まで変わる」

参考著書:「なぜそれは起こるのか」喰代栄一著


旧友の文壇デビュー2003.08.01

昨年秋のこと。かれこれ中学時代から縁が切れずに親交が続いている友人から1本の電話が来た。普段と違う声のトーンから何事かと思いきや、その内容は出版社に小説を投稿したという話から始まった。そのこと自体はあまり驚かなかった。時折送られてくるメールの表現描写がうらやましいほど的を得ていてよく冗談交じりで小説でも書くよう薦めたことがあるからだ。残念ながら作品は、次点に終わったというのだが、ここまでならよくある話である。声のトーンのはここからの話を意味するものだった。次点からの選考で、出版社に彼の作品が目にとまったというのである。その話がどのくらいのものなのか計り知れないのだが、それにしても自分の作品を認めてくれる出版社がいるということはすごいことなので手放しで賛辞を贈ったのだった。
その友人とは中学時代同じクラスで水泳部、自由形で競い合った仲である。そのころから印象に残っているのは水泳での出来事ではなく、毎年来る年賀状だった。流行映画のパロディーで、正月早々笑わしてくれたからだ。これが将来の文学的才能につながったわけではないだろうが、一体いつからそんな才能が芽生えてきたのやら不思議である。その後、進む道は違ったが、気が合ったせいか何だかんだといって、方々群れをなして遊び回ったものだった。
最近では、釣りが趣味の彼の誘いで毎年の恒例で郡上八幡から富山の県境までルアーフィッシングに引っ張り出されている。夜中に出発して朝方の4時ごろから起きて川に向かう。魚のことなどどうでもいいと思う時間なのだが、急かされて眠い目をこすりながら川の前まで来ると、不思議と心境は変わってくる。川と風の大きな流れが体全体に響き渡り、五感が覚醒してくる。時間と空間が一瞬止まったような感じがしてその間、頭が真っ白になっているのを感じる。釣れる釣れないの問題ではない貴重な時間を毎年共有させてもらっている。
先月、刷り上がった初版本を真っ先に持って来てくれた。100ページちょっとの小説だが、書くのが大変なことだと毎月思い知らされている私にとって、それは長編作品と思えた。会社の慰安旅行で、偶然障害をもった女性と遭遇し、その女性が気丈で明るく振舞っている姿が目に焼きついて、処女作である作品「メタモルフォーゼ」が描けたという。今月の中旬には書店に並ぶその作品を、一冊手にとってご批評いただければ友人の一人としてうれしく思います。

「メタモルフォーゼ」著者:朝野裕之 文芸社(定価1000円)

おかげさまで12周年2003.07.01

ちょうど昨年の今頃から喫茶コーナーのスタイルを変えて、家庭で出来るヘルシーメニューをご提供させていただいてます。今年の始めからは、発芽玄米を週に3回メニューに加えました。ご利用いただいている方々からご好評いただき、このスタイルが定着しつつあります。お客様の中にはご自身で発芽玄米を作られる方も多く、炊飯器で気軽に炊けるとか、家族の方が玄米は嫌がるけど、これなら食べられるというような嬉しいお声もいただきました。つい数年前までは、玄米は特別な人が食べるものという言われ方をしていましたが、今では当たり前になりつつあり、そのスピードの速さに驚くほどです。「粕」という漢字を作られた先人は、お米を白米に精米することの無意味さを知っていたのでしょう。
物販コーナーも、昨年に比べて商品の入れ替わりも多かったこともあり、新しい顔ぶれが多くなってきました。商品アイテムも若干ですが増えましたので、一通りのものが買えるようになったのではと思っています。そのコーナーの隣に小さいですが、癒しスペースを作り、そこで、フットセラピーや、自然療法教室などを開催しています。まだ、落ち着けるスペースとまではいっていませんので、これからより、リラックスして頂けるような空間にしていきたいと思っています。
12周年を迎え、日頃の感謝とともに、皆さまの健康に少しでもお役に立てるようスタッフと力を合わせて精進してまいりたいと思っています。

その後の生き方2003.06.01

90年代、派手なルックスで売り出し、通称ヴィジュアル系のはしりとも言われたロックバンド“X-Japan”。多分、このグループの名前から、元メンバーだったギタリストのhideの事故死や、最近では、Yoshikiが愛知万博の公式イメージソングをプロデュースするなどのニュース、はたまたキンキンの逆立った髪の毛にお化けメイクを思い出した方など、さまざまな記憶が頭の片隅を横切ったと思います。私の場合、意外にも、たった一度だけ偶然見ていたテレビ番組(ミュージックフェアー)で、岩崎宏美と出演していた元ボーカルのToshiを鮮明に思い出します。ハードロックと岩崎宏美では、接点がないのではと思いきや、彼の澄んだ歌声を聴いて描いていた想像は完全に裏切られました。
Toshiは、97年にX-Japanを脱退して99年からソロ活動で全国47都道府県をまわり、今年で3000ヶ所を超えるミニライブやコンサートをしているそうです。先月のこと、これまた偶然に、名古屋でライブが行われるということで、運良く参加することができました。
派手なロックバンド時代とは打って変わって、ラフなシャツ姿は着飾ることもなく、ピアノやギターを弾きながら静かに語りかけてくるような歌声は、先のテレビの映像と重なり、威圧的な張り詰めたものなど微塵も感じられませんでした。
劣等感のかたまりだった少年時代から、人を見返すためにスターを目指し、髪を逆立てて虚勢を張り、地位や名声、圧倒的な人気を得ては見たものの、それとは裏腹に、空しくもがいている自分の心を押し殺しながら、うまくいっているふりや幸せなふりををする演技に疲れ果て、自殺を考えるほど苦しかった当時の心境や、その状態から一枚のCDが救ってくれた話しなどを間に時折織り交ぜながら、あっという間に時間は過ぎました。
他人の顔色や評価ではなく、ありのままの自分を受け入れて、その心境を歌で表すスタイルが自分を癒し、また、同じ境遇の方へのメッセージになればと語った彼のその姿を、今日も全国のどこかで見ることでしょう。


暴力の連鎖2003.05.01

昨年の同時多発テロ以来、テロ首謀国とされるアフガニスタンの空爆、そして今回のイラクにおける戦争が落ちついたと思いきや、今度は隣国の核問題で周辺諸国に緊張が走っている。今や火種は至るところでくすぶりつづけ、その火種はともすれば大火につながりかねない危険性を持っている。
力による支配とテロリストの関係を、喩えは悪いかもしれないが、前者を抗がん剤、後者をガン細胞としたならば、大量の抗がん剤(近代兵器)をガン細胞(テロリスト)に浴びせたといえる。その結果、ガン細胞(テロリスト)の多くは破壊されたかのようにみえるが、無数の良性細胞(一般市民)が犠牲となっている。ガン細胞(テロリスト)だけが完全に死滅したのではないからだ。現実に降伏のない戦争が続いている。ガン細胞(テロリスト)は、身を潜め、そのため下手をするとリンパ(ネットワーク)に転移して全身を(世界)蝕むかもしれない。これを抗がん剤による副作用とするならば、現代医学のガン治療と何の代わりもない。転移を食い止めるために、抗がん剤を打ち続けることになる。
力による支配を続けるべきか否か。終わりのない出口を手探りでつき進んでいるように感じてならない。抗がん剤のルーツは、マスタードガスと呼ばれる毒ガス兵器の研究からスタートしたものだという。もともと「毒をもって毒を制する」発想から生まれたものだそうだ。
「目には目を、歯に歯を」バビロニアのハンムラビ法典の地を舞台に、果たして今世紀のガンを退治するだろうか。

発芽玄米の効用2003.04.01

今年の2月から、喫茶コーナーのランチでは週3回を発芽玄米の日としてお召し上がりいただいています。玄米ほど硬くなく、白米より食感があり、その上甘み(旨み)があるのでお客様の評判もよく、自然と食が進んでしまうという声をよく耳にします。では、発芽玄米と玄米の大きな違いは一体なんでしょうか。 もともと玄米にはカリウム、カルシウム、マグネシウムなどなど人体の整理作用に不可欠なミネラルが豊富に含まれているのですが、残念なことに、発芽前はフィチン酸と言う成分と結合してかたい顆粒状になっているため、体内に摂取しても吸収率が必ずしもよくないという面が指摘されています。ところが玄米を発芽させると、フィターゼという酵素の働きで、両者の結合がとれて、体内での吸収率が飛躍的に高めるそうです。玄米の欠点を克服したものと考えられるでしょう。玄米の持っている微量栄養素をより高め、吸収しやすくしてくれるのだから言うことありません。しかも、発芽玄米を作る機械まであるのですからセットして22時間後には発芽玄米にお目にかかれます。あとは炊飯器で白米のように炊けるのです。
発芽玄米の効用は、そのものの持つ栄養価というより、玄米を、より手軽に扱うことができる手段を得たことと、多くの方が玄米を身近に感じたことではないでしょうか。先月末、中京テレビさんが当店に取材に来ました。発芽玄米の特集を組むコーナーで、実際に発芽玄米を出されているお店として取り上げてくれるそうです。これも発芽玄米の効用ですね。
玄米という言葉も、つい最近まで特別な人が食べるもののように扱われていました。それが、今では玄米ブームに乗り、ついには発芽玄米まで。五穀豊穣(米・麦・粟(あわ)・豆・黍(きび)などの穀物が豊かに実ること)という言葉が死語になっていたことがウソのように、ますますその穀物に大きな注目が集まっています。

参考著書「発芽玄米の謎」大海 淳 氏 「玄米パワー大辞典」


デフレの効用2003.02.01

史上2番目の低視聴率だった昨年大みそかのNHK紅白歌合戦。ご覧になった方も多いと思いますが、分刻み視聴率は、豪華衣装の競演をした小林幸子でも、モーニング娘でもなく、デビュー28年目の初出場で富山・黒部ダムから生出演した中島みゆきだったとか。「プロジェクトX・挑戦者たち」のオープニング曲「地上の星」を手がけたことはいうまでもありません。この曲作りにあたって、制作スタッフからの注文は、「無名の人々の光を、歌にしてください」だったといいます。 ご存知のように番組の内容は、熱い情熱を抱き、使命感に燃えて、戦後の画期的な事業を実現させてきた「無名の日本人」を主人公に、今も記憶に新しい社会現象や人々の暮らしを劇的に変えた新製品の開発、日本人の底力を見せ付けた巨大プロジェクトなどが紹介されます。その先達者たちの挑戦と変革の物語を描くことで、再び新たなチャレンジを迫られている21世紀の日本人に向け「挑戦への勇気」を伝えたいという思いがこめられているのでしょう。その思いはオープニングの曲に込められ、高度経済成長の中を黙々と働き続けた中高年層の心を射止めて止まないのが、大きな反響を生んだのだと思います。これは発売から4年、130週目でオリコン1位という快挙が物語っています。(ちなみに今までの記録は、都はるみさんの「北の宿から」が44週目)
ついこの間までは、ホワイトカラーと呼ばれるクリーンな職業が好まれ、反対に技術系や職人は、汗くさいや堅物など、ダーティーなイメージで嫌われる職業でした。もちろん時代背景も物余り、利便性の追求、楽して儲けるという風潮が日本全国を覆っていたかに思えます。しかしバブルがはじけ、好き嫌いで職業が選べない時代になり、日本人の得意な物づくりへの関心が高まったことはかえって良かったことなのではないでしょうか。迫り来る外圧や、列強支配に、いつも高い志と、技術力で相対してきた日本。このデフレの効用が、混沌とした時代に一筋の光をテラスに違いないと願います。

謹んで新年のご祝詞を申しあげます2003.01.01

新しい年のスタートと共に、喫茶メニューも一新します。毎週2回は、玄米を中心に季節の野菜を中心にした煮物とお豆腐といった自然食料理を定番化します。日本人が数百年の間培ってきた日本食の組み合わせの美しさと、その体質に合った合理性というものを表すのが基本食といわれています。
食養生の基本として、健康食の料理法として、皆様に知って頂きたいと思っています。
更に、喫茶コーナーでは手づくりのクッキーやケーキなどもご提供していく予定です。ゆっくりとくつろげる空間としてご利用いただけるよう喫茶コーナーを充実させていきますので、皆様のご意見も是非お聞かせください。
本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます

1