イベント

ハワイの森と海からのメッセージ2017.05.28

5月28日(日)13:30~15:30
【参加費】
大人 ¥1,000 小学生まで(ドネーション)
昼食をご希望の方は、古澤さんの発酵三昧弁当をご用意していますのでお申し付け下さい。汁物、甘み、ドリンク付で1,600円
昼食時間 11:30~13:00(ププキッチン)
【募集】20名
【お申込方法】お電話にてお申し込みくださいませ。ヘルシングあい 052-602-5930

10年後の地球はどうなっているでしょうか?
私たちが幼い頃は、21世紀に向かって夢が満ち溢れていました。しかし21世紀が過ぎ去り、現実は人間社会の都合で、多くの生物や生命を奪いながら、先の見えない将来へ進み続けている気がします。
 今年の1月に、豊川で行われたイベントでお話しをされた菅原真樹さんの写真集「タマシイノヒトシズク」。海の生物たちに脅威を与えないよう写真はすべて素潜りで撮影するそうです。何と水深100mでの撮影さえあります。学生時代水泳部だった私ですが、瑞穂競技場で5メートル潜るだけでも水圧で耳や頭が痛くなって大変でしたし、呼吸が続きません。100m泳ぐだけでも息が上がるのに、それを潜って上がってくると倍の200mです。まさに写真一枚一枚に生物の呼吸を感じ、圧倒されてしまいました。その菅原真樹さんが今月の28日に、当店にもお越しくだって、お話会をさせていただくことになりました。
 ハワイ王族の代々大切にしてきたKalokoの森が別荘地として注目され、森林が伐採されて行く中で、Kaloko森トラストプロジェクトを立ち上げ、銀行からの融資を受けるために何軒も頼みにまわり、そしてついにその森の買収の3日前に融資をする銀行が現れ、森の土地の売買、破壊から守った方です。
 一人一人が気づき、そして今からでもやれることがある。それを前回のお話会で教えていただいた気がします。是非、菅原真樹さんのお人柄に触れていただきたいと思っています。
karoko1.jpg

コメント



画像の中に見える文字を入力してください。