イベント

トラットリア(イタリア)のごはん2013.12.04

今年もアムステルダムからお越しいただきます。
美術家でありマクロビオティックな食養研究家もあるタケトモコさんの料理教室です。

日 時:12月15日(日) 10:30~14:30
参加費:4,500円 (会員4,000円) 定 員:13名
会 場:ヘルシングあいキッチンスタジオ    052-602-5930

1. 岩塩とローズマリーのフォカッチャ
2. 季節の焼き野菜のマリネ
3. 赤キャベツとリンゴのグラタン
4. ポルチーニのニョッキ
5. パンナコッタ・季節のフルーツ・ドレッシング

TAKEsan2.jpg

タケトモコ

オランダ・アムステルダム在住の美術家。衣食住をテーマに創作活動している。
2003年より、食養研究家:オオニシ恭子のもとでヨーロッパ薬膳を学び、オリジナルの色鮮やかなヴィーガン・メニューで、カラフルで人々の遊び心を刺激する、ピュアでユニークなアート・フード・パフォーマンスを行っている。

カクテルデザイナーとベジタリアン(ヴィーガン)フードのコラボレーション・ワーク「dOpプロジェクト」では、すべての感覚を刺激するようなフードとカクテルをデザイン。

EatScape (イート・スケープ)では、2010年、東京都現代美術館のオープニング・レセプションにて、オオニシ恭子とのコラボレーション・ワークとして、マクロビオティックや薬膳を基本とした、新しい味の発見と素材の冒険、食の新しいライフ・スタイルやビジョンを提唱している。

またデンマーク・コペンハーゲンで今年、デンマーク・アーツカウンシルの援助により、
実験的な舞台芸術の制作支援を行なうウエアーハウス・ナイン(Warehouse9)に招待され、
地元のパフォーマンス・アーティスト、コアアクト(CoreAct)、地元のシェフ、その他大勢の人々からの協力を得て、フード・パフォーマンス「イート・スケープ」を発表した。

参考記事:カラフルでピュアな菜食料理、食べる人の遊び心と感覚を刺激する「イート・スケープ」
http://bigissue-online.jp/2013/09/02/earscape/

コメント



画像の中に見える文字を入力してください。