マクロビオティックの3つの基本

身土不二(しんどふじ)

「身体(身)と環境(土)は切り離せない(不二)」という意味です。身体は食べ物を含め、さまざまなものを自然の環境から取り入れています。人がその環境になじみ、健康に暮らしていくには、その土地、その季節に合った食べ物をとることが大切になります。住んでいる土地でとれるものなら理想的ですが、できるだけ国産の食べ物を、旬の時期に食べるようにしましょう。世界各地からあらゆる食べ物が集まり、冬でもきゅうりやトマトなど夏野菜が食べられる時代だからこそ、しっかり選ぶことが必要ですね。

一物全体(いちぶつぜんたい)

「一つのものを丸ごと食べる」という意味。野菜なら皮、根、種も含め丸ごと食べましょうということです。全体を丸ごと食べることでバランスがとれ、栄養学などでは分析できない、特別の働きが期待できます。丸ごとと言っても、米なら籾殻ごと食べるのは無理ですね。玄米がベストですが、発芽米や分搗き米でもいいのです。穀類は精白したものでなく、小麦粉なら全体を使った全粒子を使います。たとえば玄米は土にまけば芽が出ますが、白米は腐ってしまいます。それほど玄米は生命力があふれています。魚も丸ごと食べられる小魚を中心に。大きな魚はたくさん食べない方がいいでしょう。

陰陽調和(いんようちょうわ)

東洋の伝統的な世界観「陰陽」は、マクロビオティックの考え方の柱となるもの。陰と陽は反対の力でありながらも、お互いを引き合い、助け合い、どちらも欠くことができません。この考え方を食べ物に当てはめると、体を締めるものは陽性で緩めるものは陰性、またあたためるものは陽性で冷やすものは陰性です。暑い季節には陰性の食べ物、寒い季節には陽性の食べ物が向くなど、体の健康を保つに陰陽のバランス、調和が大切という考えが基本になります。

オーサワジャパン通販サイト

カテゴリー

いつも応援クリック
ありがとうございます。
↓ ↓ ↓

マクロビオティック
ブログランキングへ